6 月
 6月30日(水)

  ランが帰ってきた。。。
 今、ワタシのベッドの上で眠っている。

  はやる気持ちを抑えながら、仕事を終え帰宅したのは8時前。
 ドキドキしながら玄関のドアを開けようとする。
 でも、いつものランの遠吠えや、玄関をガリガリする音は聞こえない。
 ちょっと不安になりながらも、ドアを開けると、
 目の前にランが座っていた。
 元気のなさは、見た目にも分かる。
 でも、懸命に尻尾を振って、ワタシにすがり付いて来た。
 ワタシも傷口に気をつけて、加減がちにランを抱きしめてやる。
 そして、ランの舐め回し攻撃に、しばし身をゆだねる(^^)
 あぁ、いつもの幸せが戻ってきた♪ と、この時をかみしめる喜び。

  ランの傷口は、へそ下の5cmほど。7針縫われていた。
 お腹全体がパンパンに腫れている。
 たぶん腹水が溜まってるのだろう。しんどいと思う。
 右前足の膝関節の辺りの毛がそられていて、注射針の痕が見えた。
 ここから点滴などの注射をしたのだろう。
 体全体の毛艶が悪い。ところどころ消毒液の黄色い色が付着したまま残っている。
 たぶん全身をアルコールかなんかで拭かれた、そのせいかも知れない。
 抗生物質のカプセルを1週間分もらって来ていて、朝晩飲ませるのだそうだ。
 これは傷口が化膿しないためだな。
 それ以外は、散歩など普段どおりの生活でいいそうだが、
 徐々に慣らしていった方がいいようだ。

  1週間後に抜糸の予定。7月7日以降に来院してくれとのことだった。
 エリザベス・カラーを付けて帰ってきたが、
 これは2〜3日は付けておいた方がいいとのことだった。
 でも、今日は傷口を舐める様子がないので、外してやった。
 明日は、傷口が痒くなって、舐めるかもしれないから、ストレスはあるだろうが、
 目の届かない時には、付けておくつもりだ。

  手術を経験したワンコ・オーナーの仲間達の話では、
 3日目くらいから元の元気に戻るみたいだから、
 明日くらいからは、ランも元気になるんじゃないか、と期待している。
 今日はまだ、ソファーの上に飛び乗ることも出来ない様子だし、歩くのにも恐る恐るって感じだ。
 麻酔が、まだ完全に抜けてないのと、お腹の痛みや張りが、気になるのかも知れない。

  一週間後の抜糸&全快宣言、そして公園ドッグラン復活が待ち遠しい。
 でも、しばらくはこのお姫様とのベタベタ・スキンシップを楽しむとしよう(^^)
 ますます、わがまま娘に拍車がかかるかもしれないが(爆)

 6月28日(月)

  ランの避妊手術が、無事終わった。。。らしい。。。
 まだ顔を見てないので、私の中では、まだ手術は行われている感じで、落ちつかない。

  今朝は、早くに目が覚めてしまった。
 10時に病院に連れて行く予定だったので、手持ち無沙汰な時間が流れていった。
 朝のお散歩は、昨夜から降り続いた雨でぬかるんでいるだろう公園を避け、
 近くのショッピングセンターに行くことにした。
 雨は上がって、晴れ間が広がって来ていたが、あちこちにまだ水溜りがある状態。
 しかし、病院に行く頃には、暑いくらいの天候に。
 つくづくランは、「晴れ女」だな。

  行く前に、写真を撮った。
 ひょっとしたら最後になるかも知れないから、という悪い気持ちで撮ったものだから、
 あまり気の乗らない暗い写真になった。正直なものだ。
 
  病院に着いたら、手術の「同意書」にサイン・押印させられた。
 分かってはいたことだが、実際にサインする時は、気が重かった。
 文面中の「不測の事故」という見たくもない文字が、そうさせるのだ。
 何事もないことを祈るばかり。

  しばらく待った後、診察室へ案内され、そこで体重測定。9.5kg。
 すぐに背中の皮膚に注射をされる。
 「少しボーッとする薬です」と言われる。
 ランは、何がなんだか分からない感じで、おとなしくしている。
 それが、かえって不憫な気がした。少し暴れてやればいいのに。。
 
  で、そのまま「お預かりします」と言われ、
 えっ?もう? という感じで、あっという間にランを連れて行かれた。
 特に手術の説明などはなかった。
 簡単な手術なので、必要ないのか。
 こちらも、土壇場でまだ躊躇しているように思われるのもいやだったし、
 特に引き止めて、聞くことはしなかった。
 夕方確認の電話を入れるので、よろしくお願いします、とだけ言って帰ってきた。
 もっと詳しく聞けばよかった、と少し後悔した。
  明後日、連れて帰るときには、手術の経過とか、どんな手術だったのか、
 など詳しく聞いて帰ろうと思う。

  病院の帰り、そのまま家に帰る気がせず、すぐそばのレンタルビデオ・ショップに。 
 あれこれ5本ほど借りて帰る。
  家に着くと、頼んであった「犬の本」が2冊届いていた。
 午後からは、ビデオ2本と本を一冊読んで過ごす。
 どこかに出かける気がしなかったので、そうした。
  途中、何度か電話がかかって来て、その度に何かあったのか、とドキリとする。
 たいがいは、セールスの電話だったが、いつもはすぐにガチャンと切るところを、
 今日はなぜか、妙に愛想良くゆっくり話を聞いてやる自分がいた。
 
  夕方5時くらいに、病院に電話をかける。
 あまり早いと、手術中かもしれないし、今立て込んでる時かも、などと考えていたら、
 そんな時間になっていた。
  「無事終わりましたよ。今はまだ、完全に麻酔が切れてない状態ですけど、
 意識はしっかりありますから。」という話だった。
 しかし、ランの映像が頭に浮かばない。
 やはり、実際に元気な所を見るまでは、安心は出来ない、というか落ちつかない。
 でも、最悪の結果は回避できたな、ということで少しホッとした。。。

  ホッとしたら、急に誰か人かワンコに会いたくなった。
 平日だけど、夕方だから誰か来てるだろうと、一人いつもの公園に出かけてみた。
 誰も来ていない。あれこれ考えながら、一人ポツンと公園で待っていると、
 「わんparkファミリー」の仲間のコウちゃん(シーズー)とコウちゃんのパパさんがやってきた。
 彼らは、ここの常連さんなので、必ず来るとは思ってたけど、うれしかったな。
 ところが、コウちゃんも、今日また目の怪我をして、病院に行ったという話だった。
 シーズーは、目が飛び出てるから、草むらに顔を突っ込んだりした時に、
 尖った草の葉の先などで、よく眼球を傷つけるのだという。今度の怪我も6回目だという。
 幸い大した傷ではなかったらしいが、眼球が白く濁っていた。大変だな。。
 コウちゃんも、同じ先生にかかっているので、しばらく病院話に花が咲いた(^^;)

  明日、病院は休診日になっているが、
 電話で、ランの様子をまた聞いてみるつもりだ。
 電話で鳴き声だけでも聞きたい気持ちだが、そうはいかないだろうね(爆)

 6月23日(水)

  ランの不妊手術をすることになった。
 以前から、考えていたことだが、この夏には、ランのヒート期がまたやって来る。
 それまでには、決定しなければと思っていた。
  今日は、仕事のスケジュールが変更になり、休みになったので、かみさんと休みが重なった。
 特に決めてあった予定もない。ということから、
 それではと、二人で行きつけの獣医さんの所に、相談に行くことにした。

  電話でアポを取ったとき、
 先方はこの電話でいろいろお話してもかまわない、とのことだったが、
 ワタシは、電話が大の苦手なのである。
 舞い上がってしまって、何をどうしゃべっていいか分からなくなる時がある。
 この時も、大真面目に「ランの父親の○○ですが。。。」と名乗ってしまい、
 話口で苦笑されてしまった(爆)
 それに、ランの一生を左右する大事な話なので、
 直接会って、お話したいという旨を伝えると、快く承知してくれた。
 10時に約束して、ランを連れ、3人で病院へ出かけることに。

  先生には、手術の是非や功罪、メリット・デメリット、
 とにかく普段ワタシなりに疑問に感じてることを、すべてぶつけてみた。
 ひとつには、もし手術をしなかった場合の、致命的になりうる疾患の罹患率。
 例えば、子宮蓄膿症の場合、取れば危険がなくなるのは自明だが、
 もし取らなかった場合、人間などと比べて、どれくらいの確率で発病するものなのか?
 また発見は容易なのか?
 もし、人間と同じくらいの確率ならば、あえて健康体にメスを入れる必要があるのか?
 人間だったら、しないだろう。。といったことだ。

  答えは、発症確率は、データとしてはない。
 また犬種によって、なり易いとか、なり難いとかのデータもない。
 つまりシュナウザーだから特別なり易いということではない。
  しかし、犬の寿命は、近年飛躍的に延びている。
 昔は8年くらいだったのが、大事にされる犬が増えて、
 10年、15年、また20年も生きる犬も増えてきている、とのこと。
  そして、歳をとって病気にかかって、来院してくる犬を診る場合、
 メスならば、必ず「婦人病」、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症を一番に疑うのは、
 常識的なことになっているし、その可能性が非常に高い。
 また、高齢で手術する場合、その危険性は、体力のある若い時よりも、当然高くなる。
  予想される高齢時の疾患と、その手術の危険性を回避するには、
 できるだけ早期に(理想は初ヒートが来る前ー乳腺腫瘍も防げる)手術することが、望ましい。
 ただ、少しでも「繁殖」の希望があるのだったら、やめておいた方がいい。ということだった。

  疑問は、とりあえず解消された。
 唯一、手術の失敗の危険性(医療過誤)への不安はあるが、医師に聞く話ではない。
 また、シロウトが医療技術の専門的なことを、聞いても仕方がない。
 信頼できるかどうかが、問題なのだ。
    決断することにした。

  ちゃんと、時間をとって、丁寧に説明してくれたこともそうだが、
 こちらの失礼な疑問にも、誠実に答えてくれた獣医師の人柄を信頼することにした。
  つい先日、お友達のはなちゃんが、同じ先生に手術を受けて、無事退院(^^)
 元気にしていることも、その技術への信頼ということで、踏み切る大きな要因になった。

  手術日は、6月28日(月) に決まった。
 朝11時までに病院に連れて行き、翌々日の30日の夕方迎えにいく、という段取り。
 28日は、ワタシが休み。29・30日はかみさんが休みなので、問題なし。
 
  ランは、何も知らず、軽いいびきをかきながら、眠っている。。。
 お父さんを、許してくれるかな?
 今はもう、ただ祈るしかない。。。

 6月18日(金)

  いろいろあった先週末(^^)
 12日(土)の深夜は、某秘密クラブのサイトで俳句三昧(爆)
 恥かしいので、ここでは披露しないが、
 俳句とも川柳とも付かないような駄句を並べ立てて遊んだ(^^)
  ここ松山は、実は俳句のとても盛んな土地で、
 たぶん全国的にみても、中心地といっても過言ではないだろう所なのである。
 「俳句甲子園」などというイベントもNHKなどと組んでやっていて、ご存知の方もいるだろう。
 当然、有名な俳人も多数輩出していて、
 古いところでは、あの「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の正岡子規。
 また「分け入っても 分け入っても 青い山」の漂白の俳人「山頭火」が、
 放浪の果ての晩年を過ごし、没した土地でもある。
  だからけっこう「俳句」というのは、身近な存在だったりする。
 といって、詳しいわけでも、巧いわけでもありゃしないが(爆)

  翌13日の日曜日は『わんparkファミリー』のBBQ大会に参加。というか幹事役。
 心配されたお天気も上々で、楽しい時間を過ごせた。
 ただ、炭をおこしたり、テントを設営したり、肉を焼いたりといった「作業」に
 個人的には、けっこう時間をとられてしまって、肝心のワンコとの交流があまり取れなかった。
 もう少し準備を早めに始めて置けばよかった、と少し反省。。
 まぁ、次回からの教訓だね(^^)

  その夕方には、疲れた老体に鞭打って、BMWの試乗に出かける。
 なかなか日曜日の休みは取れないので、欲張ってみた(^^;)
 New 525iに試乗。
 詳しくはレポにUPしてるけど、つくづく技術の進化ってやつには、驚かされるね。
 特にBMWの「走り」に対する執念ともいえる情熱には、いやいや参りましたよ(^^)

  で、その後の数日は、疲労のためか、突然の睡魔に襲われる毎日。
 早い時には、電灯・PCつけっ放しで、9時くらいに寝てしまっていた。
 今日は休みだったので、疲れを取ろうと、久しぶりに近場の温泉に行ってみたが、
 帰ってから、また睡魔に襲われ、4時くらいまで、ランに添い寝してもらいながら転寝zzz。。
 でも、おかげで、ようやく疲れも取れたみたいだ。
 普段は、若い時とほとんど変わらない生活ペースで、睡眠時間も変わらないが、
 疲労の回復時間だけは、年々長くなってくるね。

  仕方がないけど、今のペースを崩すつもりはないな。
 「寝溜め」ができる方なので、睡眠時間は、今のままで十分だし。。(3〜5時間)
 昔からそうなのだが、寝るのが惜しいんだな〜。
 眠くなるまで、何かしてて、眠くなったら、一気に寝る!で、そのまま爆睡!
 目覚ましがなるまでは、地震が来ようが火事になろうが、たぶん起きないね。
 どうせ、あの世でいくらでも寝られるんだから、あせって寝ちまうこたぁないよね(爆)

 6月11日(金)

  今日は、雨の休日。
 久しぶりに、ビデオを借りてみた。
 「座頭市」と「KILL BILL」の和洋チャンバラ映画(爆)
  「座頭市」の方は、殺陣が良かったので、一応最後まで観る気になったが、
 期待はずれの出来。北野的ヒューマニズムが中途半端に出てる分、かったるい。
 ギャグも外しっぱなしで、見苦しい限り(^^)
 もっと徹底的に「悪」の座頭市を表現して欲しかったが、
 あれでは、勝新と比べるのも、おこがましい(渇!)

  「KILL BILL」は、まったく趣味的な映画。
 一部タランティーノ・ファンにしか通じない作品だね。
 捧げられた深作監督も、草葉の陰で泣いてるだろう(爆)
 笑えれば、まだしも、笑うことも難しいレベルの作品。最後まで観るのが、苦痛だったよ(爆)
  明日は、もう一本借りた「MATRIX REVOLUTIONS」
 大いに期待せずに、観ることにしよう(爆)

  Z3は、オーバーヒートの修理がうまくいったのか、
 快調に走ってくれている(^^)
 排気音も、心なしか低音があまりこもらず、高回転の音もきれいに抜けて、気持ちがいい(^^)
 4気筒Z3の、やや荒々しくも滑らかに回っていくエンジンと、
 その回転数と同期して、パワーが上昇してくる走りは、
 走ってて、何とも言えぬ心地よさがある。
 いろんなクルマに試乗しているが、まだこの快感に勝るクルマには出会っていない。
 ボクスターやZ4も良かったし、MINIのクーパーSも面白かったけどね(^^)

  今日は、台風が高知県の東部を直撃したので、
 ここ愛媛県にも、大量の雨をもたらしたけど、
 夕方には、少し晴れ間も覗いたりして、何事もなし(^^)
 今度の日曜日に、『わんparkファミリー』で、BBQ大会をやることになってたので、
 台風の影響が心配だったけど、「台風一過」の恩恵にあずかれそうな予感(^^)

  BBQといえば、BBQコンロを持って来てもらう予定だったメンバーが、
 ご家族の体調がすぐれないことから、来られなくなってしまった。
 遠方の方なので、取りに行くわけにも行かず、
 今日のこと、近所のホームセンターにBBQコンロなどを買いに行った。
 家には、手づくりした据え置きのBBQコンロはあるのだが、
 キャンプなどの趣味はなかったので、アウトドア用のは持ってなかったのだ(^^;)
 でも、そのうち買おうとは思ってたので、いい機会だった(^^)
 見てみると、けっこういい物が、安い値段でおいてあるね。
 楽しく買い物が出来たけど、私のクルマに全部乗せるのは無理(爆)
 当日は、カミサンのクルマで行くことになるだろう〜(^^)
 まっ!何はともあれ、たのしみです!!

 6月7日(月)

  今日は、最近調子が悪くなったZ3の修理のため、BMディ−ラーへ。
 実は、「春淡路」の帰りに、水温計が異常に上昇して、
 オーバーヒート寸前の状態になっていたのだ。
 レッドゾーンに入らないように、加減しいしい走って帰ったが、
 それからも、少し長距離を走ると、オーバヒート気味になっていた。
 
  それが、ここ最近は、ちょっと走っても、すぐに水温計の針が振れる。
 「春淡路」から帰った後、すぐに、行きつけの店に相談したのだが、
 はっきりせず、なにやら高価な部品を変えなければならない、
 というようなことを言われたので、しばらく様子を見ることにしていた。
 
  だが、症状が改善しないことから、先日ディーラーへ持ち込んでみた。
 ここはさすがに、考えられる原因のいくつかをすぐに挙げてきて、
 取りあえず、冷却液にエアーをかんでいるので、エアー抜きをしてみましょう。
 ということで、処方してもらった。
 それで、しばらくは正常な状態に戻ったのだが、1週間とたたないうちに、元の状態に。
今度こそはと、車を預けて、きっちり診て貰うことにしたのだ。
         
          これが、その代車
 平成4年式の10万キロを超えた、日産セドリック2.0L
 今日空いてる代車が、これしかなかったのだ(T_T)
 ひょっとして、Z4でも。。という愚かな期待は、見事に裏切られたわけだ(爆)

  まぁ、しばらくは、久しぶりの屋根付き車もいいだろう(^^)
 フワフワした乗り心地に、尻がこそばゆく、クルマ酔いしそうだけど。。。
 と、その足で、先日来予約していた、SLKの試乗に出掛けた。
 詳しくは、またレポするけど、
 その帰り道、Z3が帰ってくるのは金曜日くらいになりそうだったのと、
 明日からしばらく仕事が続くので、つきかけていた燃料を、10Lばかし補給して帰った。
   
  ところが家に帰って、ケイタイにBMからの着信を発見!
 (ワタシの場合ケイタイしてないことが多いのだ*爆)
 なんと、すでに直っているというではないか!
 ガーン! さっき入れたガソリンは無駄だったのか!
 でも、代車よりやっぱりZ3のほうが良いので、さっそく引き取りに出掛ける。

  原因は、サーモスタットの開弁不良で、冷却液の循環が悪かったらしいのだ。
 サーモスタットを新しく交換してもらって、冷却液の補充と併せて、
 2万円ちょっとの修理費ですんだ。
 正直、安いのか高いのか分からないが、
 もっと高価な部品を交換しなければならない可能性もあったわけだし、
 まずは良かったということかな(^^)
 これで、また明日から気分よく「オープン・ドライブ」が楽しめる♪
 
  今回のことで痛感したのは、やはり輸入車の場合、
 それを専門に扱ってる業者か、ディーラーに持ち込むのが、少々割高でも安心できるし、
 仕事も速いし、確実だ、ということだね。
 My Z3も、もうすぐ7万キロを突破する。
 あちこち悪い所も、これからどんどん出てくるだろう。
 これからは、ドレスアップよりも、メンテナンスの方に比重を置かざるを得ないな。
 
  でも、思ったね。今日セドリックに乗ってみて。。。
 もうワタシは、普通のクルマでは、満足できないカラダになってしまってると(爆)
 足元のフワフワしたクルマは、もう乗りたくないよ〜〜(^^)

 6月4日(金)

  昨日は休日で、朝起きると、抜けるような快晴♪
 これはどこかに行かねば!と考えた。
 最初は、岡山の「のらくろさん」が紹介していた、
 海辺のオープン・カフェに行こう♪と、おもいついて、住所まで調べたんだけど、
 どうせ行くなら、ユーロちゃん達にも会いたいし、でも今から連絡しても遅すぎるだろう。。
  ということで、断念。県内の遠場に行くことに。
 いつもの公園で、お散歩を済ませてから、南予地方の「南レク」に行くことにした。
 ひょっとしたら、菖蒲園がそろそろ見頃かな?という期待もあって。
 (あくまで期待、調べたわけではないとこが、ズボラの本領^^)
 
  ところが、公園に着いたところで、カメラを忘れたことに気づいた(爆)
 で、取りに帰ってる途中で、気が変わって、逆方向の今治方面に行くことに(呆爆)
 急遽、ネット検索で今治方面の「ドライブスポット」を探す。
 で、コースを設定。山の中のR317を通って今治の「糸山公園」へ。
 帰りは、海岸沿いのR196を使って、途中「高縄山山頂展望台」へ。
 そのまま逆のR317に下りて、もと来た道で、岐路に着くという設定にした。

  いよいよ出発♪
 時刻は、もう9時30分になってしまっていたが、既にジリジリと暑い。
 ランを連れて、オープンで走るには、ちょっと暑すぎる天候だ。
 迷った挙句、一緒に行きたそうなランを置いていくことがしのび難く、連れて行くことに。
 水分と暑熱対策の服・タオルを準備する。いざとなれば、閉めれば良い。。

  今治に向かう途中、
 面白い「オープン・カフェ」を3軒発見した!
 内2件に立ち寄って、「お茶」&「ランチ」を楽しみながら、今治へ(^^)
 詳しくは、近くUPする「お気に入りOpen Cafe」で紹介する♪

  糸山公園では、「来島海峡」と「来島大橋」のマッチングした風景が見事!
 「鳴門」より、ぐっと狭い海峡なので、渦潮や行き交う船の姿が、間近に見えて、大迫力!
 これは、今治というより、愛媛が誇る景観のひとつだね(^^)
 これも、「Ran’s drive」 にUPするつもり。
 「Open Cafe」にも、「ドライブ」のページがあるのだが、
 ランと一緒の時は、オフ会を除いて、
 だいたいが「Ran’s Cafe」にUPすることにしているので、
 「Open Cafe」にご来店の皆さん、
 時々、「Ran’s Cafe」の方も、チェックしてみてね(^^)

  昼過ぎになると、もうさすがに、ランにとっては暑すぎるので、
 幌を閉めてエアコンをつけることに。
 公園でも、下のアスファルトが焼けてるので、抱っこして歩いたくらいだったからね。

  「高縄山」ドライブでは、ハプニングも。。。
 途中オーバーヒートしそうになって、引き返そうかと思ったけど、
 もう少しで山頂だったし、向こうに抜けるルートをとった方が、帰りが早いということもあって、
 休憩を入れながら、なんとか山頂にたどり着いた(汗)
  しかし、頑張って行って正解♪
 山頂から見る瀬戸内海の眺望は、すばらしかった!
 360度とまではいかないが、270度(^^)くらいの大パノラマが満喫できる♪
 ちょうどプロのカメラマンらしき人と遭遇したが、今はちょっと霞がかかっているとのこと。
 普段はもっと、くっきりと見えるらしい。
  山頂付近のお寺の境内にある「お茶屋」さんで、そばを食って帰る。
 最初「冷たいそば」はないの?と聞いたら、
 「置いていない」ここは涼しいので、みんな「あったかい蕎麦」を注文するんだよ、
 と言われ、渋々「山菜そば」を注文。
 でも、食べてるうちに、涼しさを体感してきて、蕎麦をすすりながら、
 「なるほどね」と納得(^^)

  ということで、、ぐったり疲れて、夜は早くから爆睡。
 「日記」? も、長くなったので、ここらでお終い。おやすみなさ〜い(^^)

 6月2日(水)

  サッカーのイングランド戦は、早朝だったこともあって、
 仕事前の20分くらいしか見られなかったが、(後半20分過ぎから)
 いい試合をしてくれたようだ(1−1のドロー)
 小野の同点ゴールが見たかったけどネ。。。
 しかし、終了間際に稲本が負傷!
 全治3ヶ月の骨折だとは。。。(ショック!)
 相手は、欧州選手権のフランス戦が間近ということもあってか、
 後半は無理しなかったみたいだけど、日本はチャレンジャーだし、
 選手も売り込みたいから、必死だ。仕方ないな。。。
 アジア最終予選に間に合ってくれれば良い。ゆっくり治して欲しい。
 
  いよいよ9日には、一次予選のインド戦(日本ラウンド)がある。
 ホームだし、今回はぜひ大量得点で勝って、残るアウェーの戦いを有利にして欲しいもんだ。
 簡単でないのは、分かっているが。。。

 梅雨入り宣言が出たとたんに、雨が降らず、涼しいオープン日和 が続いている(^^)
 仕事が終わってからも、日が長いので、
 夕方のドッグラン・ドライブの行き帰りのルートを、いろいろ変更したり距離を伸ばして、
 お気に入りのOpen Cafeにも寄りながら、オープン・ドライブを楽しんでいる、ここ数日(^^)
  行く先々で、カワイイわんちゃんですね〜、と声をかけられるのが、うれしい(爆)
 ほんとにカワイイのだから、仕方がない(爆爆)
 同時に、おとなしいワンちゃんですね〜と、驚きを交えたほめ言葉も良く聞くが、
 この外面のよさは、誰に似たのか?(^^)
      
  まぁ、どこに行っても、おとなしくしてくれてるので、ありがたい。
 ディーラーに試乗に行っても、店の中でおとなしく待っててくれてるようなので、安心だ(^^)
 お店の人も、「ワン」とも鳴かず、おとなしく待ってましたよ〜、と驚いている。
 飼い主との「信頼関係」のなせる業であると、胸を張って自慢してやるのだ(爆)
  というか、小さい頃から、外に頻繁に連れ出して、
 いろんな場所で、たくさんの人やワンコと触れさせているので、
 物怖じしない性格になっているのだ。
 それと、一度大きな犬に追いかけられて、噛まれそうになったことがあるが、
 それ以外、いじめられたりした経験がないので、おっとりしたところもある。
 マイペースすぎる性格は、どうか?と思うが、

  飼い主も負けず劣らず(♪)なので、仕方がない(爆)
 どうも、すいません(^0^)