9 月
 9月30日(金)

  道端の彼岸花も枯れて、日増しに肌寒くなってきた今日この頃。
 刈りいれ時を待つたわわに実った稲穂も、遠めに見える山々の木々も、、
 色づき始めて、徐々に秋の深まりを感じさせてくれる。
 日本の自然が、もっともその美しさを見せる季節(とき)に、
 秋風とともにこの世を旅立ったプーちゃんも、その自然の一部になる日がやって来た。

  週末に予定していたプーちゃんの埋葬を、
 今日は仕事が早めに終わったので、本日とり行うことにした。
 家の小さな自然風庭園にしているところの中心、置石の近くに深い穴を掘った。
 最初は骨壷に入れたまま埋葬する予定だったが、
 かみさんが、早く自然の一部になれるように、土に帰れるようにしてやりたいというので、
 小さく骨を砕いた上で、直接土に触れるかたちで埋葬した。
 
  弔いや埋葬の仕方にはいろんな考えがあるだろうが、
 わが家では、以前からこういう形にすることは決めていた。
 つまり、火葬はするが葬儀はしない。特別な墓所も作らない。
 遺骨を自宅の敷地に埋葬するという方法だ。
 ランの時も、同じようなことになると思う。
 
  実は、自分たち自身のことも、死後の処置は既に決めてある。
 火葬して葬儀をしないことまでは同じだが、
 かみさんのことはさておき、わたし自身の遺骨の処理は、
 わたしの親族が希望すれば、その一部を親族の墓に入れることには同意するが、
 ほとんどは散骨してもらうように頼んである。
 場所は、できれば思い出深い場所にして欲しい気もするが、まだ詳しくは決めていない。
 
  肉体とは、魂の宿る仮の姿だ。
 魂の抜けた肉体は、ただの物質に過ぎないから、
 使える部品は再生して使ってもらって、後は、自然に帰して、その一部として循環させたい。
 またいつの日か、魂が宿る姿に再生する日も来るやも知れないけどね。

  月も変わることだし、今日をひとつの区切りとして、
 明日から、新しい気持ちで明るくやっていくことにする。
 しんみりするのは、とりあえず今日を最後とするよ。
 プーちゃんのことは、忘れられるはずもないが、
 その惜別の感情は、残されたランへの愛情にかえていくつもりだ。

  この一週間、温かい気持ちで見守り、送ってくださった皆さんのことは忘れません。
 どうかこれからも、よろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。

 9月26日(月)

  昨日の夜、プーちゃんをふたりで見送ることができて、本当によかった。
 いつもは11時くらいに床に就くかみさんが、昨日は疲れていたのか、
 10時頃に寝室に入った。
 プーちゃんの状態も落ち着いていたので、これなら明日の朝まで持つだろうと思っていたしね。
 わたしも、いつもならとっくの昔に自分の部屋でPCに向かっている時間なのだが、
 昨日は、できるだけ長くプーの傍にいてやろうと、
 プーの寝ているソファーの隣のもうひとつのソファーで横になっていた。

  ところが、それから30分ほど経つか経たないかという頃、
 急に、プーの呼吸がおかしくなってきた。
 引きつるような呼吸を断続的に始めたのだ。
 ヒューという音とともに息を吸い込んだと思ったら、しばらく息をしない状態が続く。
 そしてまた、ヒューと息を吸い込む。
 その間の静寂がやけに長い。息が止まったのかと思ったら、思い出したように吸い込む。
 あぁ、これが末期の息というやつかも知れない、と慌ててかみさんを起こしに行った。

  かみさんは、心臓に手を当てて、まだゆっくりだけど動いているという。
 しかし、さっきまでの半分ほどの早さだという。
 断続的な長い間隔を伴った呼吸ともいえぬ呼吸がしばらく続いた。
 そして、小さな痙攣が起こった。
 しばらくして、今度は口を開けて、少し大きく息を吸い込んだ。
 それが最後の呼吸だった。
 瞳孔が開いて、目の玉いっぱいに徐々に黒目が広がっていった。
 掌でしばらく目を塞いで、そして外してみる。瞳孔は開いたままだった。
 心臓の鼓動も感じられなくなっていた。
 時計を見た。10時50分だった。

  ふたりで、いつ死んだかも分からないような、静かな最後だったね、と話した。
 「お疲れさん」と、そっと体を撫でてやる。
 骨と皮ばかりのゴツゴツした手触りだが、温かくてまだ生きてるようだった。
 見開いたままの目を閉じさせようとするが、なかなか閉じなかった。
 いつまでも、わたし達の顔を見ているようだった。
 とても安らかそうで穏やかな表情だったよ。

  今日の午前中、かみさんに町外れの焼き場にプーを連れて行ってもらい、火葬してもらった。
 急な予約だったけど、他には誰もいなくて、単独の火葬になったらしい。
 20分ほどで、焼けてしまったそうだ。
 ずっと付けていたピンクの首輪も一緒に焼いてもらった。
 
  焼き終わった後は、焼き場のおじさんの「解説」を聞きながら、遺骨を拾ったそうだが、
 お腹全体が、真っ黒く焼け残っていて、それが骨の一部や骨髄まで達していたそうだ。
 頭蓋骨の奥の一部にも黒く残った跡があったそうだ。
 おじさんに言わせると、がんがお腹全体に広がっていて、
 最後は骨にまで転移していたんだろう、ということだった。

  わたしが仕事から帰ってみると、
 ランのプレイルームになっている部屋の片隅に、小さい祭壇をこしらえてあって、
 そこに遺影と少しばかりの花と共に、小さな骨壷が安置してあった。
 ふたを開けると、ちいさな白い頭が見えた。手に取ってみたら、まだほのかに温かかった。
 ふたりで、手を合わせる。何も言葉は出てこなかったが。。ただ手を合わせてみた。

  夕食をとり終え、テラスで煙草をくゆらせていて、ふと気が付く。
 目をやった方角に敷かれた足拭きマット、その上に、いつもの見慣れた姿がない。
 そこには、よくプーが偉そうに寝そべっていたはずなんだが。。
  昨日までプーが寝ていたソファーの上も、今日は誰もそこに座ろうとしない。
 あたかも、まだそこにプーちゃんがいるかのように。

  ニャーという子猫のような声が聞こえて、振り返ると、
 それはテレビの中のコマーシャルの音声だった。
 そういえば、小さい頃は、プーもあんなかわいい声を出して鳴いていたよな、と思い出す。
 書いていて、柄にもなく目頭が熱くなってきたぜ。。
 よし!今日は、このくらいにしておいてやる!(爆)

 
 9月25日(日)

  今日は、以前から予定していた「わんparkファミリー」のイベント日。
 今回は、昨年好評だったことに味をしめて(^^;) 再び「芋炊きパーティ」を開催。
 お天気もよく、台風の影響か?風が強かったけど、むしろ涼しく、
 とても気持ちのいい半日を過ごせた。
  プーちゃんのことがあるので、かみさんには家に残ってもらったけど、
 ちゃんと、「芋炊き」は昼食用に、少し残してあげてたよ(^^)

  プーちゃんは、弱ってるなりに病状は安定している。
 呼吸も浅く、身動きできない状態には変わりないが、まだ目には力が多少残っている。
 しかし、体力もそろそろ限界に来てるだろうし、
 いつ急変してもおかしくない状態であることには、変わりない。
 このまま苦しまずに、そっと眠るように逝ってくれたらと願う。。

  明日からは、ワタシも仕事に出かけなければならない。
 こんなことなら、もう少し家で主夫業を続けていたら、と思うが、詮無いことだ。
 ランに最後を看取らせるようなことはしたくないので、二人が留守をするときは、
 ランは、ゲージに入れておくことにした。
 最近は、留守の時でも、ゲージには入れないようになっていたので、
 ランは不満かもしれないが、亡くなったプーとふたりきりには出来ない。

  今日、かみさんが、プーちゃんの餌入れを片付けていた。
 死んだ後に入れるダンボールの箱も準備していた。。
 まだ早いんじゃないか、と言おうと思ったが、
 かみさんなりに、少しづつ気持ちの整理をしているんだと思って、何も言わなかった。
 死んでから、いっぺんに片付けるというのも、淋しく辛い気がするし、
 一番親身に世話を焼いていた彼女が、今一番辛いのは分かっているつもりだ。

  いつか誰にでも訪れる日が、わが家の家族にも、やって来ようとしている。
 確かに、プーちゃんの死は、この地球上に生きている何億何十億、いやそれ以上の
 無数の生き物のなかの、たかがひとつの「死」かもしれない。
 でも、わたし達にとっては、されどひとつの「命」の終わりなのだ。
 
  「命」は哀しく、ゆえに尊いもの。
 生きることとは、その「命」を何らかのかたちで伝えていくことである、と思っている。
 プーちゃんの命も、必ず「思い出」と共に、誰かの命に引き継がれていくだろう。
 ランやわたし達はもちろん、ご近所の方々、そしてこのサイトを見てくださった方々の中にも、
 必ずやその命の種は残ると信じているよ。
  
 (追記)
  本日、午後10時50分
 プーちゃんが、静かに眠るように息を引き取りました。
 苦しむこともなく、とても安らかな最後でした。
 14年と4ヶ月余りの命を、全うしてくれました。

  その最後を、ふたりわが家で見守ることができ、
 わたし達に、思い残すことはありません。
 プーちゃんも、わたし達に撫でられながら安らぎの中で、
 虹の橋を渡っていくことが出来て、幸せだったと思います。

  ここ数日のみなさんの温かい励ましやお心遣い、とてもありがたく思いました。
 プーちゃんもきっと感謝していることと思います。
 ありがとうございました。


 9月24日(土)

  昨日の午前中から帰ってこなかったプーちゃんが、
 今朝8時30分くらいに、隣家の裏手で発見された。
 隣のご主人が見つけてくれたんだが、
 生きてはいるが、ブルブルと体を震わせて、今にも死にそうになっている、と教えてくれた。
 ワタシが行くと、大きな声でナーゴナーゴと鳴いた。

  9時に病院が開くと同時に連れて行って、点滴と抗生剤の注射を打ってもらう。
 助手の女性が体温を測ろうとしたが、低すぎて計れなかった。
 もう、命が助からないことは、ワタシにも分かっていたので、
 最後は、家で看取ってやろうと、連れて帰った。
 
  何も知らず、朝早く仕事で家を出たかみさんは、夕方まで帰れない。
 とりあえず、仕事場に電話をして、プーが見つかって病院に連れて行ったことを伝えた。
 なるべく早く帰って来れる様にしてくれ、とも言った。
 後は、かみさんが帰ってくるまで、命を永らえてくれることを祈った。
 プーちゃんを、一番かわいがっていたのは、かみさんだったからね。

  祈りながらも、夕食の支度や、明日予定されている「わんparkファミリー」のイベント「芋炊き会」の
 ために、買い物に出かけなければならなかった。
 そうこうしている内に、かみさんが戻ってきたので、バトンタッチして、ランの散歩に出かける。
 帰って夕食を済ませたら、二人でプーを見守りながら、時間を過ごす。
 プーは、何度かけいれん発作や下血を繰り返しながら、徐々に弱っていくようだ。

  今、この日記を書いているのは、夜中の12時を回っている時間なのだが、
 まだプーは息をしている。懸命に生きようとしている。
 ワタシ達が少し傍を離れると、懸命に起き上がって傍に来ようとする。
 やはり、不安なんだろう。。
 ワタシも、明日の為に少しは寝なければいけないんだが、
 傍にいて、時々起きては、様子を見ようと思っている。
 
  明日が来ないといいんだがなぁ。。
  
 9月23日(金)

  今日は、急にバイトが休みになったので(^^)
 少しばかり近場をドライブしてきた。

  まずは、お友だちから教えてもらった、Dog Cafe「Modern Times」で、ランチ。
 ペットショップも入っている大きなホームセンターの隣なので、すぐに分かる場所。
 アンティーク家具のお店にもなっている店内は、
 抱きかかえて入ってくださいと言われたので、小型犬のみかな?
 でも、入れ違いに、でっかい黒ラブが出てきたから、おとなしければOKということだと思う。
 
  最初は、様子を見るために店内に入ったんだけど、家具屋さんということもあってか、
 店内は禁煙だったので、スモーカーのワタシは、外のテラス席に移動(^^;)
 芝生を張ったテラス席は、ちょっとしたミニ・ドッグランの雰囲気があってGood。
 ちょうど居合わせたM・ダックス連れのお客さんたちとも遊ぶことも出来たし、
 お天気が良かったので、結果的には外の方が楽しかったよ(^^)

  その足で、以前から噂に聞いていた「坊ちゃんスタジアム」のある松山中央公園にも行ってみた。
 広い芝生広場があるということで、気になっていた場所だったんだけど、
 思ったほどの広さではないし、すぐ側に駐車場があって、クルマの出入りも多いので、
 ノーリードという訳には行かない。
 あれなら、「かすみの森」の方が100倍マシ(爆)
 でも、松山市内の近くに住んでいて、ロングリードで遊ばせる人たちなら、十分楽しいだろう。
 川の土手沿いに散歩コースもあるしね(^^)
 ただ、ベンチはあっても、日陰がないから、ちょっと長居は出来ないかな?

  さて、楽しい話題ばかりで終わりたいところだけど。。
 ネコのプーちゃんが、いよいよ弱ってきたようだ。
 ここ数日、飲まず食わずで、足元もフラフラして、もうジャンプして高いところにも登れない。
 脱水症状もひどくて、昨日今日と、病院に点滴をしに行ったけど、
 体重も2kgちょっとになってるし、体温もさがって、34℃くらいしかない。
 免疫力も落ちているようで、昨日なんかはインターフェロンの注射も打ってくれたが、
 今日はその注射もしなかった。先生ももう寿命だと思ってるのかも。。
         
  今朝方起きて、外に出たら、
 裏庭のランが掘った穴ぼこの中に、身を隠すようにしてうずくまっているプーを発見。
 ナーゴナーゴと弱弱しい声を出していた。
 昨日の晩、外に出たのはいいが、体力がなくなって、
 家の中に入ることが出来なかったんだろう。
 (裏庭に出入り口を作っているが、ジャンプしないと入れない位置にある)
 体を触ったら、夜露に濡れた体が冷え切っていたよ。。
 
  今まで、なんだかんだと生き延びてきたプーちゃんの命も、
 とうとう天命を迎える時期になったのかもしれない。
 今日、明日の命かもしれない。それほどに弱っている。
 最後においしい物を、と思っても、何も口に入れようとしない。
                       
  しかし、まだ一縷の望みは捨てていない。
 今まで、何度もこれで最後だと言われながら、生き延びてきたプーだ。
 その生命力を信じたい。いや、信じているぞ!

 9月17日(土)

  先日、ランの健康診断に行って来た。
 フィラリア薬の残り3か月分をもらって帰るついで。
 検便とかもしてもらって、異常なし。
 しかし。。体重がまったく減っていない。10kgを軽くオーバーしたまま。
 このままではいかんな〜、としばし考えてみた。

  結局は、給餌量が多すぎるということなんだろう。
 でも、今でも以前の2/3くらいにしてるから、これ以上減らすのはかわいそうだ。
 食い意地の張った子だからね(^^;)
 現在は、吉岡油糧のフードとフリントリバーランチを混ぜて与えているが、
 ナチュラル系の良質と言われてるフードは、消化吸収率もいいので、
 量を控えなければいけないのが難点だな。
 
  仕方がないから、ダイエット系のフードをもう一度探すことにした。
 消化吸収率の悪い雑穀類がたくさん入っていれば、量を食べても、太らない理屈だ。
 ただ粗悪な材料を使っていないことは、要チェック。
 とりあえず、病院に置いてあった「ドクターズ・ダイエット」という商品のサンプルをもらってきた。
 国産品で、以前も食べさせたことのあるフードなんだけど、
 その時は、ランには珍しくイマイチ食い付きが悪くて、一袋で止めたんだけどね。。。

  ワタシの方は、
 バイトを始めてから、少し痩せたみたいだ(^^;)
 軽作業ながら、今まで使ってなかった体を使ってるので、疲れも大きいけど、
 お金をもらいながら、フィットネスクラブに通ってると思って、頑張ることにしている(爆)
 
 9月14日(水)

  アルバイトを始めて、2日目(^^;)
 慣れない仕事なので、体も神経も疲れて、帰ったらバタンキュー。。
 ネットも、軽いところをロムするくらいで、
 リンク仲間のHPも、とんとご無沙汰。申し訳ない。。
  予定していた香川行きの「道の駅ツーリング&つるつるオフ」も、中止させてもらった。
 
  ほぼ半年間の「主夫生活」で、体がなまってしまってたから、
 予想通りとはいえ、けっこうキツイ。
 1〜2週間は、我慢の毎日だな(^^;)
 でも、心身ともに絞れてくるので、いいリハビリをしてると思ってるよ(^^)
 
  また落ち着いたら、お友だちサイトにも遊びに行こうと思ってるので、
 見捨てずにお待ちくださいね。
 などと、神妙なことを言ってみるワタシ。。(爆)

 9月12日(月)

  選挙が終わりました(^^)
 自民の爆勝。民主の惨敗。
 公示前に予想した、自民単独過半数は当ってたし、
 想定の範囲内に300議席というのはあったけど、実際にここまで勝つとはね(^^;)
 公明の微減、造反組の半数当選も、予想通りだったけど、
 予想外だったのは、共産・社民の健闘。ほぼ勢力を維持したね。
 これは、民主党が、予想以上に情けなかった結果(爆)
 民主を見限ったサヨクな人が、共産・社民に流れたということだろう。

  民主の戦い方は、ひどかったね。
 あれじゃぁ、どうしようもない。ブレまくりだもん。
 マニュフェストを出して、政策論議もいいが、
 選挙戦が進行して劣勢が伝えられると、候補者めいめいが勝手なことを言い出すし、
 幹部までが、マニュフェストに相反することを言い出す始末。最後は支離滅裂(^^;)
  
  やっぱり、最初の「小泉演説」パンチが、相当効いていたと思うね。
 ボクサーでいえば、あれで、ほとんど足にきていた状態。
 意識朦朧、目もかすんでるから(爆)
 あせって繰り出すパンチも、やみくもな大振りが目だって、まるっきり当たりゃしない。
 小泉さんには、軽いステップワークで余裕でかわされてたよ。
 
  民主党には、もう少しまともな野党になって、二大政党制を支えてもらわないといけないのに、
 政権欲しさの寄り合い所帯といった、自民党と同じ目線に立っちゃたら、
 老獪で百戦練磨の自民党に勝てるわけがない。
 ここは、本当に解党するくらいの気持ちで出直さないと、次もないよ。
  要は、小泉さんが示したような「覚悟」の問題なんだ。
 最後の最後まで、ぶれなかった小泉さんと、対称的に右往左往する民主の姿。
 国民は、しっかり見てるんだよ、そういうところを。

  自公で、2/3を取ったことで、世間には、「危険」だとか「怖い」とか、騒いでる奴もいるけど、
 これは、小選挙区制なら十分ありうることだし、ちっとも怖くないよ(^^)
 そもそも、政策遂行スピードを速めることが、この選挙制度を導入した理由のひとつだったはずだ。
 だから、どんどんやっていけばいい。
 だめなら、次の選挙でひっくり返せばいいことだ(爆)
  
  今回の雪崩を打ったような勝敗の帰結は、
 むしろ、政権与党の自民党の方に相当なプレッシャーがかかると思うね。
 これだけの議席が集まったということは、失敗したら逆に失うことになるんだからね。
 オセロゲームのようなものだよ。
 隅を取られたら、あっという間に、バタバタと白が黒になっちゃう(^^;)
 
  今回自民党は、小泉さんがうまく「隅」をとってくれたけど、
 小泉さんの後に、また取れる人が現れるとは限らない。
  小泉さんは、選挙後の記者会見の中で、
 「自分は、任期いっぱいで退陣する。引き続きやるつもりはない」
 という、任期延長をきっぱり否定する発言とともに、
 「次の総理総裁を狙う人は、今から、研鑽・経験をつんで、しっかり準備をしてもらいたい」
 という、次代の人に対するエールまで送っていた。
  これに応えることが出来る人がいるかどうか、
 またそういう人物を次の選挙までに立てることが出来るかどうかが、
 これからの自民党の明暗を分ける試金石になるだろうね。
   
  しかし。。
 ワタシは、あまり人を誉めるのは得意ではないのだが(爆)
 ここ最近の小泉さんには、鬼神のようなオーラを感じるよ。
 素直に称えたい気分だ(^^)
 しかし、残り一年の任期を全うするなかで、
 「変人」「マジシャン」「催眠術師」が、歴史に残る名宰相であったことを証明してもらいたいな。
 「郵政民営化」で燃え尽きてもらっては困るんだ(^^;)
 
 9月10日(土)

  今日は、ちょいとショックなことが。。
 ディーラーにオイル交換に行ったとき、左バンパー角に擦り傷発見!
 傷自体は浅いが、かなり広い範囲にわたって塗装がはげていた。
 どこで擦ったのか、擦られたのか、まったく覚えがないんだが。
 見かねた店の人が応急処理でタッチペイントで塗ってくれたけど。。目立つんだよな〜。
 近々、右隅の小傷と共にバンパー塗装だな。。またお金が消えていくよ(T_T)
             

  ついでに、リアウインドー・スクリーンの交換費用の見積もりも出してもらった。
 なんだかんだで4万ほどかかるらしい。
 これは、ちょっと先に伸ばそう(^^;)  
 
  その帰り道に、タ○ヤ館で、タイヤチェック。窒素を充填してもらう。
 ちょうどこの日は、ランを連れて行ってたんだけど、
 そこのお店の人も、シュナウザーを飼っているということで、しばしシュナ談義で盛り上がる(^^)
 「かすみの森公園」も知っているということなので、またそこでバッタリ会うかもしれない。
 また楽しからずや、だな(^^)

 9月 9日(金)

  NTTの「B−フレッツ」という光ブロードバンドを導入したという話は、前にもしたと思うけど、
 どうにもスピードが遅いので、再三NTTと掛け合っていたのだが、
 昨日、担当の職員に来てもらって、いろいろ測定してもらったら、
 ようやく結論らしきものが出た。

  回線的には、家の中に入ってきた時点で、70Mbpsあって、問題ないという。
 つまり、NTTには責任がないということらしい。
 だが、責任がないとはいえ、ここで引き下がるわけには行かない。
 実際使ってるPCでは、5〜6Mbpsしか出てないんだから、
 ADSLの時と体感的には、ほとんど変わっていないのだ。
 こんな現状をあっさり認めるわけにはいかないではないか!

  なんだかんだと、ブウブウ文句を垂れて、その先の回線速度も計ってもらうことにした。
 まず、うちはルーターを使って2台に接続していて、
 直接ケーブルで繋いでいるのは、1階に置いてある予備的な古いPC。
 これは、OSが98のままで、光BBには対応できないので、測っても意味がない。
 問題は、2階に電波を飛ばして使っている主力PCの方。

  まずは、ルーターから、直接有線でPCに繋いでみた。
 繋いだのは、業者の持ってきた一般的な性能のノートPC。
 それでは、20Mbpsという数値が出た。ずいぶん落ちるもんだな。。
 でもこれは、ギリギリ光BBとして許容できる範囲のスピードなんだそうだ。
  
  次に、2階に上がってもらって、主力のPCを測ってもらった。
 ちなみに、ルーターは、BUFFALOの54Mbpsに対応できる機種。
 しかし、やっぱり5〜6Mbpsしか出ていない。
 ガックリきているワタシに同情したのか(^^;)
 職員が、これはサービス(要は、本当はしなくてもいいこと)なんですけど、と断わりながら、
 ルーターの設定なんかも見てくれたけど、結局変化なし。
           
  結論としては、PCの性能に問題がなければ、という前提だけど、
 ルーターから無線を使わず、直接ケーブルを引いて繋ぐと、20Mbps程度の速度は出る、
 という可能性が残された、という次第(T_T)
 何のための、無線ランなのか。子機を買った意味がないじゃないか。。
 おまけに、2階までケーブルを引っ張ってこないといけない。
 高い料金を払って、これかい。。

  悔しさとショックで、食欲が落ちたよ(爆)
 みなさんも、「光ブロードバンド」を導入する際には、よく考えた方がいいよ(^^;)
 あ〜腹が立つ!(爆)

 9月 7日(水)

  シュナ友だちのFriedさんから、「愛犬家バトン」というのが回ってきました。
 さっそくやってみましょう(^^)

 ■愛犬のご飯に、調味料(トッピング)はつけますか?(どちらかに○)
   つけたことはない   ○つけたことがある

 ■つけたことがある方へ それは何ですか?
   刻んだキューリなど生野菜が多い。

 ■あなたの愛犬が「人間っぽい」と思う場面は?
   夫婦喧嘩の仲裁に入ってくる時(^^;)

 ■愛犬の特技(自慢♪)をいくつか
   家の外では、トラブルを起こさない。吠えたり騒いだりせず待つことも出来る。
   のは、自慢というか、とても助かっている(^^)

 ■あなたが知っている犬の種類を5つ
   ご近所犬でいこうか(^^)
   バーニーズ・マウンテン・ドッグ M・ダックス トイ・プードル チワワ M・ピンシャー

 ■おやつをあげる派?あげない派?&その理由は?
   適度にあげます。
   (理由)欲しがるから(^^;)&食べることは、ワンコの一番の楽しみと思うから(^^)

 ■他の犬連れをみて、嫌だなと思うこと
   ・糞をそのままにして帰る人。
   ・吠え癖のあるイヌを、外飼いで、それも表通りに近い所で飼っている人。

 ■愛犬のしつけで良かったと思うこと
   ・人にも他のイヌにも普通に接することが出来る。
   (小さい頃からの社会化訓練が良かったと思う)
   ・クルマに長時間乗っても、酔わない。
   (これも、小さい頃からの慣れ。活動範囲が広がって、生活がより豊かに楽しくなった)

 ■あなたの愛犬が「やっぱり犬だなぁ〜」と思う瞬間
   家の中では、番犬本能が強く、訪ねて来る人、見境なく吠える(^^;)

 ■バトンを回したい愛犬家の5名は?
   今回は、ワタシがここでアンカー役を務めましょう。
   もし、やりたい方がいらっしゃれば、
   設問をコピペして、使ってくださいね(^^)

  この「愛犬バトン」は、設問を替えれば、他にもいろいろと楽しめそうですね。
 誰かやってみては?(^^)

 9月 6日(火)

  大型の台風14号が、やって来た!
 なんとか、ワタシの住んでる地域(四国愛媛の松山市周辺)は、直撃を免れたようだ。
 ゆっくりながら、微妙なコースを辿ってくれたお陰で、
 その暴風圏にも、ギリギリ掠めたくらいで入らないで済んだ。
 まだ安心は出来ないけど、昨年の大型台風に比べたら被害は少ないだろう。

  去年の台風は、ほんとひどかったからね!
 それも、何個も同じコースでやってきたもんだから、被害を受けた地域も多かった。
 幸い、ワタシの住んでる地域は、被害を免れたけど、他の地域は相当やられたからね。
 ただ、今度の台風で、香川とかの水不足だった地域は、
 ある意味ほっとしただろうか。。

  しかし、毎度の事ながら、
 こんな日でも、ランの散歩は欠かせないのだ(^^;)
 今日も、暴風雨のなか、いつもの公園までクルマを走らせた。
 公園の中の小川は、ご覧のとおりの濁流で、あふれんばかり!
    
 当然ながら、誰も来ていない公園で、
 びしょぬれになりながら走り回っているランは、いったい何なのか(^^;)
 それに付き合ってるワタシも、なんだかな〜〜だ(爆)
          

  今日は、「期日前投票」にも行ってきたよ(^^)
 別に投票日に行けない訳ではないんだが、どんなものか経験しておく為に行ってきた(^^)
 簡単な理由を書かされるけど、後は、いつもの投票の時と一緒。
 不在者投票の時と変わらない。いたって簡単。これは、もっと利用してもいいよ。
 投票率を上げるためにも、もっと宣伝していいんじゃないかな?

  最近は、選挙オタクみたいになって、
 いろいろな関連サイトやブログなんかをロムりまくっている(爆)
 初めて、「2チャンネル」なんかも行ってみたよ。
 さすがに、カキコまではしないけどね(^^;)
  今までは、「引きこもり」の「便所の落書き」程度のもんだと思ってたけど(爆)
 入ってみてみると、まんざらそれだけでもないな。
 
  確かに、そう言われて仕方のない面は、あるんだけど、
 玉石混交、と言えば誉めすぎかもしれないが、聞くに値する意見もけっこうある。
 それと、表のニュースには出てこない、週刊誌ネタのような裏情報がけっこう面白い(^^)
 もちろん、怪文書の類がほとんどなんだけど、たまに、うん?!といった情報も手に入る。
 でも、メディア・リテラシーならぬ2チャン・リテラシーがない子供が見ると、危険かもね(^^;)
 といって、大のオトナが入り浸る場所でも、ない気がするが(爆)
  
  
 9月 2日(金)

  さてさて、いよいよ9月の声を聞いて、お出かけシーズン到来♪
 といっても、まだまだ日中の残暑は厳しく、オープン日和には程遠い。
 中旬くらいにならないと、遠距離ドライブはチトきついところかな。
 でも、そろそろドライブ計画を立ててもいい頃ではあるので、
 ここで少し考えてみよう(^^)
  
  ランちゃんとの近場ドライブを1回から2回、「道の駅ツーリング」を一回くらいかな?
 あとは、オープン・オフ会がらみで、どこかへツーリングもいいだろう。
  あと、CafeやWan Shop巡り、ディーラー訪問も、ぼちぼち行きたい所が出てきたし。
 ランちゃんとの近場ドライブには、山と海とを考えている。
 道の駅は、香川かな?
 
  月末には、「わんparkファミリー」の「芋炊き」が待っている(^^)
 これも楽しみの一つ。
  ただ今年の秋は、どうも遠出の家族旅行は出来そうにない雰囲気。
 かみさんの仕事の都合で、まとまった休みが取れそうにないのだ。
 かみさんを放っといて、ランとふたりだけで出かけてもねぇ〜。
 ワタシの方は、閑なのに。。うまくいかないもんだよ(^^;)