8月
  8月31日(木)

  8月最後の日記。
 しかし、ここんとこは、9月の「お出かけ計画」を練るのに夢中(笑)
 主に、「道の駅ツーリング」の計画なんだけど、これがなかなかに、面白いのだ(^^)
 というのも、あくまで「道の駅」訪問がメインだから、
 それに引っ掛けて、いかに観光ポイントをうまく組み込んでいくか、というのが、
 計画マニアとしては(爆)、実に頭の使いどころで、楽しいのだ(^^)
 
  まずは、行き先の「道の駅」グループを決めることから始める。
 だいたい2〜3箇所といったところだが、これは、周辺の観光ポイントも勘案しなければならない。
 真冬に山岳地帯の「道の駅」は、明らかに不向き(爆)
 「道の駅」が決まったら、次に、その周辺の観光ポイントを、さらに入念に探索、的を絞っていく。
 主要な観光目的地が決まったら、
 次は、走行距離(時間)や休憩、食事、観光に要する時間などを計算しながら、
 さらに、目的地を取捨選択、詰めていって、走行スケジュールを決めるのだ。
 
 観光ポイントには、
 香川なら讃岐うどん、徳島なら徳島ラーメンなどとの組み合わせも、決して忘れてはならない(笑)
 「道の駅」周辺や移動途中に、これはという店を探すのも、ひとつの楽しみになっている。
 頼るのは、ネットのグルメ情報と、後は長年のカンだな(爆)
  また、ランを連れて行くか行かないかで、内容もずいぶん変わってくる。
 ワンコなしなら、「温泉」なんかも有力候補になるし、
 ワンコ連れなら、同伴OKな施設・観光地をチェックするのも大事な仕事だ。
 さらに、施設や店舗等の定休日なんかも、当然要チェックだね。
  
  こう見ると、いかにワタシが頭を使って、プランを練っているかが分かるだろう(小爆)
 マヌケじゃ出来ない仕事なのだぞ!(中爆)
 誰か、旅行プランナーに雇ってくれないかな?(大爆)

  といって、「道の駅」を訪ねるのに、いつもいつも計画を立ててるわけじゃない。
 県内の「道の駅」は、だいたいが行ったことのある地域が多いし、
 その観光ポイントも、だいたい頭に入ってるからね(^^)
 行き当たりバッタリで出かけることが多いし、それで困ったこともあまりない。
 しかし、県外になると、事前の計画は、ヒジョーに大事だ。
 初めてのところが多いし、行ったことがあっても、ずいぶん昔だったりするからね。
 なんたって、バカ高いハイオクガソリンを大量に撒き散らしながら走るんだ!
 無計画ではいられないよ(爆)

  さて、明日は、どうやら雨のようだから。。
 一日、プラン作りに精を出すことにするかな?(^^)
 
  8月30日(水)

  前回の日記でご紹介した「四国カルスト」ドライブ。
 Open Cafeでは、「風来里ドライブ」と「道の駅 in SHIKOKU」で。
 Ran’s Cafeでは、Ran’s driveで、それぞれレポをUPしたので、
 興味のある方もない方も(爆) どうぞご覧ください!
 
  朝夕が、少しづつだけど涼しくなってきたり、日の暮れ具合も、だんだん早くなってきたりで、
 秋の気配とまではいかないが、夏の終わりは、そろそろと感じられるようになってきたな。。
 まだまだ残暑は厳しいだろうけど、秋は、思いのほか早く来そうな気がする。
 昨日も、家の中にトンボが迷い込んで来て、
 危うく、ランのオモチャになりかけてた(^^;)
           
  そっと捕まえて、外に放してやったワタシは、
 地獄で、蜘蛛の糸ならず、トンボの羽に救われることがあるのだろうか(笑)
   
  8月26日(土)

  ここのところ、夕方になると、
 突然、雷を伴った夕立、それも土砂降りに見舞われる。
 昼間の暑さは、相変わらずなんだけど、
 だんだんと、夏も終わりに近づいてるんだろうな、って実感するね。

  今日も、夕方までに仕事を終えて帰宅した途端、すごい土砂降りの雷雨。
 嫌な予感がしてたので、洗濯物を取り込んでたら、案の定。ぎりぎりセーフだったよ(^^;)
 昨日は「停電騒ぎ」まで起こした雷も、連続して発生。けっこう近くにも落ちていた。
 ガラガラと、すごい音がして、ランも体をこわばらせて、右往左往。
 抱っこして、だいじょーぶだいじょーぶと体をさすってやっても、ブルブル震えが止まらず、
 わたしたちが留守の時には、ひとりでさぞかし怖い思いをしてるんだろうな、と可哀そうだったよ。。

  先日、今年最後のサマードライブとして、
 愛媛県と高知県にまたがる「日本三大カルスト」のひとつ、四国カルストに行ってきた。
 有名な山口県の「秋吉台」と同様な、独特の美しい風景が広がるところだ。
 加えて、四国山地の天井にあたる地域で、標高が1000m以上もある高原台地だから、
 避暑には、持って来いの場所なのだ(^^)
             
 ただ、かなり遠い上に(松山市内からだと2時間半)、アクセス道路が隘路&悪路が多く、
 場所の魅力ほどには、なかなか気が向かない場所なんだが。。
 ワンコ友だちが行ってきたという話を聞いて、つい行ってみたくなったのだ(笑)
 
  もうかれこれ十年以上は行ってなかったこともあって、懐かしい気分もして、面白かったな(^^)
 アクセス道路も、その当時よりは、だいぶん良くなってきてたし。
 でもやっぱり、ドライバー泣かせの難所には違いないね。
 この日も、道路脇にクルマを落っことして難儀している、神戸ナンバーのクルマがいたけど、
 ケイタイの電波も届かないだろう場所だから、さぞかし大変だったと思うよ。
 (既に何台かクルマが停まって助けてたから、ワタシは素通りしたけどね^^;)
 いい観光地なんだけど、もったいないな〜って印象が、いつもする。
 四国には、けっこうこういうところが多いんだ。。(^^;)
 もっと道路予算回してくんないかな〜(爆)
 
  ついでに、周辺の「道の駅」も、愛媛と高知あわせて3ヶ所回ってきた。
 せっかく高いガソリン代を撒き散らして、四国の辺鄙な中央部まで出向くわけだからね(爆)
 1回のドライブで、5本のレポは書ける「お得なドライブ」にしちゃったよ(^^)
 寂しかったOpen Cafeの更新状況も、これで一気に改善!
 ただ、レポを書く時間がなかなか取れないので、UPは遅くなるかも。。(^^;)

  
  8月22日(火)

  先日の日曜日は、
 「わんparkファミリー」のオフ会、『川遊び&BBQ』を開催。
 夏らしい好天の元で、最高に楽しい一日になった。
 
  実施した場所は、松山平野を流れる重信川の源流に近い上流で、
 簡易なキャンプ場でもある、山ノ内地区の河原。
 普段は、滅多に人が訪れることがない場所(猿が時おり出没するくらいの場所)なんだけど、
 この日は、夏休みも終わりに近い日曜日ということもあってか、
 すごい人の集まりようで、ビックリ! 
 まるで、有名な海水浴場に来てるのかと思ったくらいだった(^^;)
        
  
  真夏の炎天下だったんだけど、早朝ひとっ走りして、先取りしていたお陰で、
 この河原唯一の日陰プレイスを確保。 VIP気分で楽しめたよ(^^)
 テントの設営や火起こしなども、男性陣が大活躍(^^)
 仕事人が多いから(爆)、はかどるはかどる♪  あっという間に、焼肉はスタンバイ!
 女性陣も、美味しいデザートなんかを用意してくれて、テーブルに花を添えてくれた♪
                  
  
  後半の「川遊び」も、陽射しの強さと、川の水の冷たさが、ベストマッチング♪
 一等地の納涼席でのくつろぎともあいまって、最高な時を過ごせたね(^^)
                        
 なんか、毎日でも開催したいような〜、実に楽しいオフ会(イベント)になったよ。
 楽しい写真も、いっぱい撮れたり、もらったりしたんだけど、
 後日オフレポでも詳しく紹介するので、今日はここまで!(出し惜しみ爆)
 
  8月18日(金)

  昨日、肩透かしをくったような「お湿り程度」の雨しか降らなかったといっていた台風だけど、
 今日は、本格的な大雨になっちゃたよ(^^;)
 それでも、強風が吹かないから、台風が来てるって感じは、まったくしない。
 今日は、休みだったんだけど、そうそう出かけるような天候でもなし。
 午前中は、まったりPCの前に座ってた。
 久しぶりのサイトを訪ねるには、いい日だったよ(^^)

  HPも開設して3年にもなると、自然にその関係のお付き合いも増えてくるし、
 「わんparkファミリー」といったワタシが主催しているクラブのメンバーさんたちも、
 自分のHPやブログを持つ人が増えてきてることもあって、
 今、ワタシの「お気に入り」に入っている個人サイト数は、ざっとだけど、
 オープンカー関係で20サイト、ワンコ関係で25、それとは別にわんpark関係で20ほどもある。
 これをすべて公平に回るっていう訳には、どうしてもいかないよな(^^;)
 どうしても、優先順位というのが出てくる。
 だからといって、親密度の高い順に回っているかというと、そうでもないところもあって、
 これが面白いところだ(^^)

  コメントを残す頻度から言うと、
 やはり、ふだん顔を合わせる機会の多い「わんpark関係」のサイトが多いかな?
 どうしても、日常的な親近感があるからね。ブログが中心の方が多くて、気軽だというのもある。
 それと、トイプードルと暮らしてるメンバーにブログを持ってる人が多いというのもあるかも。。
 トイプーというのは、だいたいが愛想のいいワンコだから、
 オーナーさんも、どちらかというとノリのいい人が多くて(笑)、とっつき易いんだよね。
 
  シュナ飼いは、ワタシも含めマイペースの「変人」が多いから(爆)
 そんなに密着した関係を意識しなくても、気の向いた時に気の向いたようにお付き合いすればいい、
 というワタシの勝手な方針もあって(爆)、 最近は、後回しになることが多いな〜 (^^;)
 でも、シュナの気質に惚れた人間ならではの共通項みたいなものは、やはり感じることが多くて、
 もってる親近感はけっして弱くはないのだ。
 むしろ、実際にお会いしてみる機会があると、やっぱりな〜ということが多いね(笑)
 どいうところかって?  
 ははは。。。一見まともに見えて、実はあんまり社交的ではない、
 むしろ反社会的な性格の人が多いような気がする、ってとこかな(爆)

  シュナウザーは、
 「人間にいちばん近い犬」「人間の頭脳をもった犬」という表現をされることがあるけど、
 ワタシの実感としても、「いちばん」かどうかはさておき、かなり当たっていると思う。
 どういうところかと言うと、いちいちの反応の仕方というのが、実に人間くさいのだ(爆)
 反抗的な従順性とでもいうのか。。(笑)
 犬らしくない、プライド(意思)を持っているかのような人に対する接し方というのが、
 まったく憎らしいほど人間的なのだ(爆)
  
  いろんな犬を飼った人が、最後に飼う犬はシュナウザーだ。
 あるいは、究極のパートナー犬だ、といった話を聞いたことがあるが、
 他の犬種を飼ったことがないので、そんなことは分からない(笑)
 しかし、たしかに、愛玩犬の愛らしさ(友好性)と、番犬的な忠実性(排他性)と、
 狩猟犬的な「我の強さ」を、併せ持った複雑な気質をもった犬種だとはいえる。
 その一筋縄では行かない、ちょっと斜に構えたような愛情表現の仕方が、
 人間くさいといわれる所以なのかもしれないね。
 単に、服従性に優れて、訓練がしやすいとかいう意味の賢さではなくて、
 「知性」をもっているかのように感じられるのが、シュナウザーのいちばんの魅力かな?(^^)
 
  まあ、今日の日記は「親ばか日記」ということで、ご勘弁を(^^;)
 なんせ、酔っぱらってるもんでzzz。。。(爆)

  8月17日(木)

  この時期になると、いつも台風の話題になるんだけど。。(^^;)
 現在、九州に上陸してる台風10号の影響で、こちらにも少しばかりの雨が降っている。
 大雨にもなる予報だったんだけど、なんてことはない、お湿り程度の雨。。
 雨乞いせずにすんで良かったってなもんだ、こちらではね(^^;)
 連日の猛暑で、川の水も干上がって、雑草も枯れてたくらいだから、
 そういう地方にとっては、恵みの雨をもたらしてくれた恰好。
 
  被害の出てる地域の方には申し訳ないが、
 台風をはじめ、自然のとる行動とは、元来が功罪併せ持つものだ。
 台風のもたらす、いちばんの脅威、「川の氾濫=洪水」でさえも、
 今は、災厄以外の何ものでもないが、昔は、山の養分を下流にもたらし、
 農地を肥沃にするという「功」をもっていた。
 
  また、自然というもののその受け入れがたい理不尽さが、
 逆に人を運命(神や天)に従順ならしめるような価値観を意識下に植え付け、
 宗教的な素養を育み、それなりに安定した民意・社会を形成してきた、ということもある。
 少なくとも、中世までの自然と人間との関係は、そうだった。
 特にほとんどの人間が、農耕民であった時代はね。

  これから先、人類はどうやって自然と向き合っていくつもりなのかな?
 近代以降の人類のそれは、自然と対立し、克服し、それを利用するというものだった。
 今でもそれは変わらない。これからも、原則それは変わらないだろう。
 そもそも、地球という生命体に寄生するバクテリアような存在である人類は、
 当初は、その表面を削ったり加工したりするくらいで、細々と慎ましやかに生きていたんだが、
 地球の歴史的財産である、石油・石炭といった「化石エネルギー」を利用する手段を見つけたとたん、
 爆発的に増殖、ついには天上の月にまでも届かんとする勢いとなり(^^;)
 かくして、神は死に、天は地に堕ちたのだ(合掌)

  石油・石炭を掘り尽くしたら、次は、命の源「海」を狙うんだろうな。
 無尽蔵にあると思える井戸の「水」から、無限のエネルギーを汲み出そうとするに違いない。
 頭上には、さんさんと輝く太陽もあるではないか。
 また、地上には、無数の「小さな太陽=原子力発電所」だってある。
 人類の未来は、まだまだ前途洋洋、明るい未来が待っている、 と思いたいところだが。。

  突如、何の前ぶれもなく理不尽な振る舞いをみせるのが、自然というもので。。
 なんやかんやな人類のちっぽけな打算も、吹っ飛ぶような結果もありえる。
 太陽が小爆発を起こし、その表面温度が、ほんの少し上がったら?
 また、その活動が少し衰弱したとしたら?
 地球上の水は、すべて蒸発または凍結、なんてことになりかねない。
 もっと極端に言えば、地球は丸焦げ、人類なんて、どこにいたの?ってことになるかも(爆)
 
  悲観的になれという話ではないのだ。
 昔の人が持っていた、自然に対する畏れというのは、生きていく上での知恵でもあったのだ。
 今と違って、人は、自分の周りに「死」がたくさんあっただろう。
 自然災害、病気、飢餓、戦争、むしろ生きていることが珍しい時代さえもあったろう。
 人はいつか死ぬもの、自分もいつ死ぬか分からない、それは、何の不思議もないこと。
 そういう当たり前に「死」がある日常だからこそ、自然に向き合い自然から学ぶものがあったはずだ。
 そこから生まれた知恵とは、なんだったのだろうか?
 
  自然とは、永遠の命であり、命の流れそのものである。
 それを畏れ敬い、それに模した生き方をすることで、
 その自然と一体化し、「一時的な死」から逃れ、「永遠の命」のなかで生きることができる。
 そう願い考えたのではないだろうか。。
 これは、あくまで東洋的なものの考え方だと思うかもしれないが、
 「自然」を「神」と置き換えたら、聖書に書かれている言葉と大差はない。
 イエスも同じようなことを言っている。
 ワタシがそうだということではないが。。(爆)
 なにやらグダグダ書いてたら、偽教祖めいた話になってきたな(大爆)
 これにて、講義終了!
 
  8月12日(土)

  今日の話題は2つ。
 ひとつは、昨日見に出かけた「愛媛FC」の話。
        

  夜の7時にキックオフだったので、家を6時過ぎに出発。
 試合会場の「愛媛県総合運動公園 陸上競技場」は、わが家からクルマで15分くらいの場所だから、
 夏休みと言えど、平日の試合だったということもあって、余裕で到着。
 本日の入場者数は、3,671人。
 開幕戦こそ1万人を越える人が集まったけど、
 それ以降は、2〜4千人といったところで低空飛行を続けている観客者数なので(^^;)、
 試合前後、特に終わった後の混雑・渋滞も、駐車場を出る時に少し込み合ったくらいで、
 それほどでもなく、いたってスムーズだった。
 
  試合は、マッチシティの東温市の応援席のある、バックスタンド側の自由席で観戦。
 前列には長椅子の席があるが、後ろ半分は芝生席。
 しかし、傾斜が緩やかなので、ピッチ全体を見渡すには不都合だった。
 試合の前半は、椅子席の最前列で観戦。
 後半は、芝生席の一番後ろ、つまり一番高いところから見た。
 
  試合結果は、1−0で愛媛FCの勝利!
 4ヶ月ぶりのホームでの勝ち試合を、はじめての観戦で見られたのは、ラッキーだった(^^)
 しかし、何より驚いたのは、その試合振りだった。
 想像以上に、いいサッカーをしていたのだ。
 人とボール、両方が動くサッカー。全体が連動して動くその運動量とスピード感。
 まさに、先日見た「オシムJAPAN」の試合を、目の前で見せられたような試合だった。
 個々の技術は、やはりまだJ2レベルなのかも知れないが、
 試合レベルは、J1と比べても遜色ないというか、もしろ上回るものもあったような気がした。
 これは、将来が非常に楽しみなチームだね。
 地元びいきを差し引いても、近い将来のJ1での活躍も十分見込める、とてもいいチームだと思う。
 また、ぜひ応援に行きたい、と強く思ったよ(^^)
  
  もうひとつの話題。
 今日は、夕方から「わんparkファミリー」の夏休みイベント第一弾!
 「納涼ドッグラン&花火大会」
 参加者数は、お友だちも含めて、11名10ワンコ。
            

  昼間のうだるような暑さも、夕方になり陽が暮れかかってくると、
 公園では涼しい風が吹き抜けて、とても気持ちが良かった(^^)
 これは、ビルやアスファルトに囲まれた都会では、なかなか味わえない贅沢だね♪
 
  童心に帰ったオーナーさんたちも楽しそうだったけど、
 花火に対するワンコの反応も様々で、見ていてとても楽しかった(^^)
 花火が始まると、途端に逃げ出してしまったワンコがいたり、
 まったく警戒心なく近づいていくワンコ。
 遠巻きに興味深く眺めてるワンコ。
 まったく知らんぷりで、花火に関係なくくつろぐワンコ。
 みなそれぞれに個性が感じられて、面白かった。
  
  でも、終わりかけた頃、少し離れた土手の上で、打ち上げ花火を始めた人たちがいて、
 人間は面白がってたんだけど、ワンコは、あのパンパン!って音がダメみたいだね。
 みな、慌てて逃げ出すような感じになったので、それを機に「お開き」ということに(^^)
 
  来週は、夏休み企画第2弾! 「川遊び&バーベキュー大会」だ♪
 夏のお楽しみは、まだまだ続く(^^)
 暑いなんて、言ってられないのだ!みんな集まれ〜\(^o^)/

  8月11日(金)

  本日で、このサイトも3周年。明日から4年目に突入だ。
 もともと、Z3のモデファイをはじめとするオープンカーライフの記録と、
 ランとの熱い!日々の生活の記録を、web上の「アルバム」として残していこう、と始めたHP。
 基本的には、製作者にとっての「自己満足のためのアルバム」という色合いが強いんだけど、
 見かけによらずサービス精神の強いご本人の性格のためか(爆)、
 エンターテイメント性や情報提供といった面も、多少は意識したHPになってるようだ(^^)

  このアルバム+αというコンセプトは、これからも続けていくつもりなので、
 双方向性の強いコミュケーション重視の「ブログ」のようなスタイルには、
 たぶん、これからも移行しないだろうと予想される。
 本来、あまり「おしゃべり」は得意な方じゃない、というか苦手な方なので、
 それをやると精神的な負荷が大きくなり、長続きできないような気がするんだよね(^^;)
 あくまで、ワタシの場合、自己チューな製作本位のスタイルで行くつもりだ(爆)
 コミュニケーションの面では、時折の「掲示板」のやりとりで、十分満足しているし(^^)
 
  クイズ掲示板の方も、急に始めた割には、たくさん参加してくれて、うれしいね(^^)
 「わんparkファミリー」など、地元の直接顔をあわせることの多いお友だちも大事だが、
 やはり、ネット本来の楽しみは、滅多にお会いできない方との交流だな、とつくづく思うよ。
 こういうお友だちを、これからも大事にしなきゃいけないな〜、としんみり思っちゃった(^^)
 特に、これからも会えるかどうか怪しい(?)カナダのおぐさんなんかは、筆頭だね(笑)

  今日は休みで、実はこの日記も午前中に書いてるんだけど、
 というのは、今夜は、地元のプロサッカーチーム「愛媛FC」の試合を見に行くことになっているのだ。
 今まで、なかなか休みが合わなかったり、他のイベントと重なったりとかがあったんだけど、
 今回やっと、J2に参入した我が地元チームの試合を、初めて観戦できることになった次第(^^)
 住所地の東温市が、今日の試合に招待券(1500円→500円)を発行してくれたってのも、
 いいキッカケになった(^^)いい具合に平日の休みと重なって、他に所用もなし。ラッキーだったよ♪
 
  対戦相手は、北海道の「コンサドーレ札幌」。
 生のサッカー観戦は久しぶりだけど、どんな気分になるかとても楽しみ♪
 つまらなくて、もう行くのや〜めた! となるかもしれないし、
 ツボにはまって、足しげく通うようになるかもしれない(笑)
 ひとりで行くことになるのが、ちょっと寂しいけど、向うでお友だちも出来るかもしれないし♪
 そんなことも楽しみにしているよ(^^)
  
  8月 9日(水)

  オシムJAPAN船出の試合は、2−0で勝利!
 新しいメンバーで、いったいどんな試合をするんだろうと、興味しんしんだったけど、
 うん、なかなかいい試合だった。
 特に前半の選手の動きには、いい感触をもったね。
 全員が労を惜しまず、積極的に連動して動いていたのには感心したよ。
 特別扱いの選手を置いていないから、そこで動きが止まるというシーンがほとんどなかった。
 全員が主人公といった雰囲気で、みなイキイキと動いていたね。
 ああいう試合をされたら、どこのチームだって困ると思うよ(^^)
 
  前半途中で2点差が付いたこともあったし、90分間走り回ることなんて出来ないから、
 途中からペースダウン、相手に攻め込まれる場面も多少あったけど、
 あれは計算の範囲内だろうし、余裕があったね。
 基本的に、日本を代表するような技術をもってる選手が集まってるわけだから、
 いざ、ゆっくりボールを回そうと思えば回せるわけで。
 そこから、急展開で一気にスピードアップした攻撃もあったし、
 一発のロングボールで裏を取るような攻めもあったし、
 緩急のつけ方も含めた試合運びのバランスは、初めてにしては、たいへん良かった。
 
  ただ、前線からのプレスも含めた守備では、前代表チームよりも、
 意思統一されてる分まとまっていて、ほとんど綻びもなかったし、満足できる結果だったけど、
 攻撃面では、これは最後の最後では、やはり「才能」がものを言うところがあって、
 フィニッシュを決められたのは、結局前代表からの実績があるサントスだけだった、
 というのは少し寂しい気もしたな(^^;)
 
  今日の収穫は、センターバックを努めた初代表の「闘莉王(チューリオ)」かな?
 高さ・強さ・リーダーシップ&攻撃力も備えたいい選手だ。
 これからの代表の守備陣は、彼が中心になっていくだろう。
 中盤から前の選手は、まだまだこれから。
 今日は出ていない以前からの代表選手たちと競って勝たなければならない。
 福西や遠藤・稲本、小野や中村だって、このまま黙って代表を引退したりしないだろう(^^;)
  
  ただ、この試合を見て、ハッキリしたのは、
 足元でボールをこねくり回してばかりいるような技術に溺れたような選手は、
 いくら行きたくても、もう呼ばれないだろうということ(^^;)
 あまり自分から動かず、全体の動きについていけないような、足を引っ張るようなプレイヤーは、
 いくら技術があっても、構想からは外されるだろう。
 
  新しい日本代表は、スピードと運動量が決めて。それに加えて、戦うスピリット!
 しかし、ここまでなら、お隣の韓国と一緒じゃないか。。(汗)
 というか、どうやってもかなわないぞ(爆)
 大事なのは、その先だ。ここまでは、最低ラインの資質。
 その上で、付け加えるべき日本の特性と言ったら、なんなんだ?
 それは、全体で戦おうという組織力=人で言えば組織に対する忠誠心かな?
 
  これは、まかり間違うと、単なるロボットになっちゃうけど、
 個々が、知性と想像力をもって、時に自分を殺してでも組織を活かそう、
 となれば、これは強いよ(^^)
 ただし、それには強力なモチベーションが必要。
 みな、今どきの若いもんなんだからな(爆)
 
  個人の能力は、進化論的に言っても(笑)
 ゼッタイに、昔よりは上がっているはずなのだ。
 それが、表面に実効性を持って現れないのは、モチーベーションが弱いから。
 つかり、「生きてる意味がわからない」ってやつだ(爆)
 それがなければ、どんな優秀な奴だって「フリーター」か「ひきこもり」になっちまうのだ。
 どうやって、モチベーションを高めるか。
 これが、一番大事。しかし、何より難しいのもこれだ。
 
  その方法はただひとつ。
 出来うる限り、純粋な目標を設定し、そこに向って走る道に、
 虚飾や偽善や打算といった不純なものを持ち込まないことだ。
 若者とは、本来まっすぐに走ろうという本能を持っているもの。
 しかし、その途上に走りきるに値しないというものを見つけてしまった時、
 それに失望して走るのをやめてしまうのだ。
 頭のいい人ほど、感性の鋭い人ほど、そういうものである。

  強い「日本代表」を作る。世界で勝てる「日本代表」を作る。
 目標は、はっきりしている。
 それにむかって、いっさい妥協せず、知恵を情熱のすべてを注ぎ込む覚悟を示せば、
 日本の若者の潜在能力は、一気に開花するだろう。
 今日の試合は、そんな希望を少しだけ見せてくれたような気がする(^^)
  
  8月 7日(月)

  サイトを開設して今月の11日で、ちょうど3年。
 今年も、記念のクイズ大会を開催することに(^^)

  去年の今頃は、プータローだったから(^^;)
 けっこう問題作成やら、回答者の整理などに追われるクイズ作りも、苦もなくやれたんだけど、
 今年は、どうしようか。。何もなしで行こうか、それとも、
 アンケートかなんかやって、その回答者から抽選でプレゼントをあげる事にしようか、
 などといろいろ考えてたんだよね。
 
  でも、そのアンケート・ソフトを探してる時に、
 一年目にやった「クイズ掲示板」というのを再発見してしまったのだ。
 去年は、それが見つからなくて、結局アンケートソフトを工夫して、クイズにしたんだけど、
 かなり大変だったので、今年はやめようと思ってたところに、見つかったんだよね(^^)
 まぁ、この掲示板にも、欠点があって、
 他の人の回答が見えちゃって、答えが先にわかっちゃう時があるんだけど(^^;)
 そんな真剣にやるクイズでもなし、あくまでお遊びだから、
 気軽に参加できるこういうタイプでいくことにした(^^)

  自分ちの掲示板で告知しただけで、どこにも予告さえしてなかったから、
 あまりやって来ないだろうな〜、と思ってたんだけど、
 意外や意外、初日からけっこうな人が来てくれて、嬉しい限りだったよ(^^)
 まだ、このサイトも見捨てられてないってことだな(爆)
 今回は、1週間の短期間なので、一気に終わっちゃうような気がするけど、
 参加してくれてる人たちのためにも、最後まで、がんばって問題作りに精を出すことにする(^^)

  いちおう3位の人までには、プレゼントを用意するつもりなんだけど、
 気が変わったら、5位までとか、ブービー賞とか考えるかもしれないので(^^)
 途中からでも、参加できる人は参加してくださいね〜。
 記念に1問だけ、とかでもいいよ〜(^^)
 
  8月 4日(金)

  全国的に梅雨も明けて、いよいよ「夏本番」だ。
 夏の風物詩となって久しい「甲子園」も始まるし、各地で花火大会なども頻繁に催されたりと、
 若い人たちや子供たちにとっては、思い出を作るいい季節だったりするわけだが。。
 ワタシをはじめ、オープンカー・ドライブや「ワンコとお出かけ」を、
 生活の中心に置いている人たちにとっては、あまり歓迎できる季節ではない。
 
  せいぜい朝夕の(特に夕暮れ時)のドライブ・お散歩が唯一の楽しみになる。
 ワンコに関しては、最近都会のほうでは、室内ドッグランがあったり、
 田舎の町でも、室内ワンコOKのCafeが、ぼちぼち増えてきたりと、
 日中のお出かけ場所にも困らなくなってきつつはあるけどね(^^)
 それでも、活動範囲が限定されてくるのは仕方がない時期だ。
 
  ましてや、オープンカーとなると、そのイメージとは裏腹に、ほぼ休業状態に(T_T)
 真夏の日中にオープンで走るなんてのは、伊達の酔狂もいいところで、自殺行為だ(^^;)
 もちろん、人それぞれだから、おおいに開けて走ってもらってもけっこうなんだけど(^^)
 くれぐれも無理をしないように。特に年寄りはね!(爆)
 
  この時期は、やはり夕暮れどきに出かけて、夜風と戯れながら、
 どこかで星空を見上げて物思いにふける。。なんてのがお似合いかも(^^)
 彼女でも、隣にいれば、ロマンチックだろうし♪
 ワタシは残念ながら、まだやったことないけどね〜(おいおい、いつかはやるつもりかい!)
 。。最後に、ちょっと涼しくなったところで、今日はおしまい(爆)

  明日は、ひまわりの写真でも撮りに行こうかな。