3 月
  3月31日(日)
 
  お誘いイベント「お花見ドッグラン」は、伊台のドッグCafe「カニスアレア」にて無事開催。
 心配されたお天気も、ちょうどいい「花曇り」で、暑くもなく寒くもないという気持ち良さ♪ 
 平年より一週間も早かった開花宣言に心配した肝心要の「お花見」も、ちょうど見頃の「満開」!
 13組21名14わんこというたくさんのお友達が集まってくれて、にぎやかに楽しく終了いたしました(^^)

       

  ランちゃんは、久しぶりにたくさんのワンコに会って気疲れしたのか?
 というか、歳をとって疲れやすくなったんだろうね。2時間くらいで早々と「お帰りモード」に(^^;)
 家に帰ったら、案の定すぐに爆睡してたよ。でもきっと気持ちいい疲れだっただろうと思う(^^)
 また機会を作って、みんなと一緒に遊びたいね~(^^)/ 

                  
 
  3月29日(金)

  遅ればせながら、、先日行われたブラジルW杯アジア最終予選vsヨルダン戦の感想。
 結果は、1-2の敗戦。
 引き分け以上でW杯出場が決められる状況で、その勝点1も得られない結果に終わってしまった。
 あれから4回以上試合を見直しているが。。(^^;)やはり勝てる試合だったなと。。残念で仕方が無い。
 その試合のメンバーは、以下の通り。
             前田
            (→マイク)              
       清武   香川   岡崎
                  (→乾)
          遠藤   長谷部
     酒井高            内田
     (→駒野)        
          今野   吉田
             川島

  ゲームプランとしては、香川トップ下という布陣を見ても分かるとおり、
 早めに先取点を取って、その勢いで押し切る!というまさに「勝ちに行った」試合だった。
 序盤から劣悪なピッチに負けず、ショートパスを正確に繋いで崩す日本らしい攻撃で攻め込み、
 幾度となく決定的なチャンスを作り出し、それはほぼ実現しかかっていた。
 しかし!最後がダメダメだったね。シュートを打つべき場面でパスしたり、シュートミスしたりで、
 何度となくチャンスをつぶしていく。これはなんかな~。。と嫌な予感がしていたら、案の定!
 前半ロスタイムのCK(セットプレイ)から、痛恨の失点!最悪の展開になってしまった。

  後半に入れば、きっと逆転してくれると信じていたが、、
 前半から不安だった左サイド酒井高のところを起点に崩され、まさかの追加点を入れられてしまう。
 でも、ここからやっと目が覚めたかのように日本の反撃が始まる。
 清武→香川の見事な連携から1点を返し、さらにすぐさま、内田のカットインからPKをゲット!
 そしてキッカーは、「PK職人」こと遠藤。同点、そして逆転の「絵図」は完全に描かれたと見えたが。。
 ここでも、遠藤がまさかのPK失敗。同点ならず。
 後は、必死に追いすがるも、流れを得たホームのヨルダンの守備を崩すには至らず、ゲームセット。
 なんだか、ほとんど勝っていた試合を落としたような感覚で、、しばし呆然だったよ。

  敗因を挙げれば、いくつも思い浮かぶけど。。
 とにかく決めるべきところで決めないと、こういう試合になるってことだよね。
 前半のチャンスできちんと決めていれば、2-0.3-0の試合だったと思う。
 それくらいの実力差は、いくらアウェーだったとしても、やはりあったよ。
 選手も監督も、サポーターも、ほんと悔しいだろうね。いやほんと悔しい!!

  本田や長友がいないことが、この試合にどれだけの影響があったか。。
 いなかったから負けたと言われても仕方がないよね。
 彼らの持つ「泥臭い熱さ」のようなものが、先日出ていた選手たちには足らなかったんじゃないか?
 ヨルダンの選手たちもサポーターたちも、日本で喫した0-6という屈辱的な敗戦を、
 必死になって挽回しようとしていた。それに対抗できるだけの「熱さ」を彼らは持っていたのか?
 しかし、ワタシ自身も含めて、ここで勝ってW杯出場♪と勝手にはしゃいでいたサポーターに、
 彼らを責める権利はない。ここは素直にヨルダンの健闘を称え、自らの甘さを反省すべし。
 いや~、本当にW杯予選てのは、面白いね~!!

  
  3月23日(土)
 
  今日は、ランちゃんのワクチン接種で動物病院へ。
 ところがなぜか?今年からワクチン代金が1000円も値下がりになってて!ラッキーだったよ~(^^)v
 体重もほぼ前回と同じで、急激な減少はなく、安心した(^^)
 こちらが、診察台に乗ったランちゃん。しおらしい様子がかわいい♪(笑)
                 

  病院へ行く前には、毎年恒例の写真撮影で、「見奈良クールモールの菜の花畑」へ♪
 お天気は曇り空だったけど、ちょうど良い感じの満開具合で♪きれいだったよ~♪
                 

  さて、今日の早朝(日本時間)に行われたサッカー日本代表のテストマッチ、
 カナダ戦の結果は、、2-1の辛勝。内容的にもいろいろと課題も見えたし、、
 本番前の試合としては、実に「有意義な」テストマッチだったね。
 まず、予想以上にカナダが頑張って前線からプレスをかけてくれたおかげで、
 本田のいない日本のキープ力の脆弱さがあらためて分かったよね。
 中盤や前線でタメが作れないから、サイドやボランチからの攻撃参加のタイミングがつかめず、
 重層的な攻撃ができない。ワンタッチのショートパスだけでは崩しきれず、途中でつぶされる。
 プレーに余裕が無いから、競り合った後のこぼれ球の争いにも後手を踏む。
 結果、カナダの勢いに負けたような形で、守勢に回る時間が多かった。
 ただ、カナダも攻めきるだけの力はないから、セットプレーからの1失点だけで済んだけどね(^^;)
 あれが、もうちょっと決定力のあるチームだったら、もっと点を取られてたよ。

  前半試した香川のトップ下も、CF前田との連携もあまり良くなく、機能していたとは言えない。
 彼はやはり、本田のような選手(ゲームメイカー)がいてこそ活きる「ポイントゲッター」だね。
 後半入った中村も、今まで見た試合と大差ない出来。やはり体格に勝る外国人相手には弱い。
 スルーパスの上手さだけでは通用しないね。本田の代わりには、はっきり言って「役不足」。
 やはり本田のいない日本代表は、「別のチーム」。というか「昔の日本代表」を見ているようだった。
 彼のように上手さと強さを兼ね備えた選手というのは、なかなか日本には現れないな。。

  唯一、希望が見えたのは、ハーフナー・マイクの成長ぶり。
 今までは、194cmの身長体格を持て余し気味だったけど、心身ともにずいぶん逞しくなってきた(^^)
 前線での競り合いにも負けてなかったし、決勝点も決めて見せて、勝負強さもついてきた。
 何より、精神的に「俺がやってやる」という積極性と自信が、顔つきの変化にも見て取れたよ。
 彼が、このまま成長してくれたら、本番では前田に代わってCFのレギュラーを摑むだろうね。
 そうなったら、本田・マイクと前線にふたつの「拠り所」ができるわけで、
 香川・岡崎・乾・清武といった、日本ならではの俊敏な「飛び道具」も存分に活躍できるわけだ。
 前から、マイク・本田・長谷部・吉田とセンターラインに「強さ」を持った選手が並べば、、
 そのサイドにいるテクニカルな選手たち(香川・岡崎、遠藤、内田)がすごく活きるんだよね。
 
  あと、長友の代わりに入った酒井高徳だけど、攻撃面ではまずまず持ち味を出したけど、
 まだ守備では不安が大きいね。今の時点では、長友の「サブ」の域は出ていないと思う。
 ただ、彼も成長真っ盛りの選手。この一年で追い越す可能性はあるよ。
 とにかくどんどん競争して、日本代表のレベルを少しでも上げていって欲しいね。
 あれこれ言ったけど、楽しみも期待も、十分に持てる「日本代表」だよ(^^)
 26日の本番ヨルダン戦が、今から楽しみでしょうがない(^^)/


  3月22日(金)
 
  今日は、ランちゃんのトリミングデイ♪
 前回と同じく清水町の「ドッグテリア」さんでお願いしたんだけど、
 こんな風に今回もかわいく仕上げてもらって感謝(^^)
         

  明日は、動物病院で「ワクチン接種」の予定。
 月末の「お花見ドッグラン」にむかって、準備万端さ!(^^)v

  3月20日(水)
 
  いつの間にか、当サイトのアクセス累計が35万を突破!
 2003年の8月から始めたから、ちょうど今年の8月で満10年を迎えるわけだけどさ~、
 まぁ、よくがんばったよね~。。エライエライ!(笑)
 それにしても、最近はこの日記くらいしか更新していないのに、
 まだ見続けてくれてる人がいるんだな~と、、感謝。やっぱり嬉しいね(^^)

  ところで、今日はママさんの「お誕生日」だった。
 何回目かは、、ここでは伏せるけど(^^;)まぁ、これも、おめでたいことだ。
 ささやかなお祝いにと、仕事に帰り道にケーキを買って帰ってあげたよ(^^)
 ネームを入れてもらうときに、店員さんからお名前の後は、「ちゃん」でいいですか?
 それとも「さん」?と聞かれたけど、ピンと来なかったので何も付けなくていいです、と言っちゃったよ(^^;)
 強いてつければ「さま」だったかな?(笑)
 と、どうせなら、「麻里子さま」に買ってあげたかったかも~(AKB爆)
 
  3月15日(金)
 
  3月26日アウェーで行われるW杯アジア最終予選ヨルダン戦のメンバー23名が発表になった。
 本田と長友が怪我で召集されなかったことは、ホント残念だけど、
 それを除いては、今までの実績を踏まえたほぼ予想通りで納得のメンバーだと思う。
  GK  川島(スタンダール・リエージュ) 西川(広島) 権田(FC東京)
  DF  駒野(磐田) 今野(G大阪) 栗原(横浜FM) 伊野波(磐田) 内田(シャルケ)  
     吉田(サウザンプトン) 酒井宏樹(ハノーファー) 酒井高徳(シュトゥットガルト)
  MF  遠藤(G大阪) 中村(川崎) 高橋(FC東京) 長谷部(ヴォルフスブルク) 細貝(レヴァークーゼン)
  FW  前田(磐田) 岡崎(シュトゥットガルト) ハーフナー・マイク(フィテッセ) 乾(フランクフルト)
      香川(マンチェスターU) 清武(ニュルンベルク) 大津(VVV)
                    
               <予想フォーメーション①>
                    前田
              香川   中村    岡崎
                 遠藤   長谷部
             駒野  今野  吉田  内田  
                    川島

              <予想フォーメーション②>
                    マイク
               乾    香川   清武
                  遠藤   長谷部
          酒井高徳  今野  吉田  内田  
                    川島

  実際の試合で誰が先発するかは、ザックも言及してる通り、その時のコンデション次第だろうが、
 ボランチ・CB・GKの5人はよほどのことがない限り不動とみる。
 もし変更があるとすれば、前のオフェンス布陣とSB。
 CFは、普通ならば前田だろうけど、最近オランダのチームで調子が良いマイクの抜擢もありうる。
 オリンピック予選でも経験したヨルダンホームの劣悪なピッチ状態では、細かいパス戦術は難しく、
 中盤でのミスパスからカウンターを受けるリスクを回避すべく、ロングボールを背の高いマイクに
 いったん当てて、そのこぼれ球から攻撃を組み立てるという戦術を取るなら、大いにありえる話。

  SBの右は、ドイツでつい先日もDFでありながら見事なクロス2本で週間MVPを勝ち取った内田が、
 怪我から復帰後のコンデションに問題がなければ、総合力から言って普通にスタメンだろう。
 チョイスがあるとすれば左。攻守に安定感のある駒野か、攻撃に勢いのある酒井高徳か。
 ふたりとも左右のSBができるユーティリティな選手だから、内田の調子次第では、
 左右が彼らになる可能性もある。リーグで試合に出れていない酒井宏樹はまずないだろう。

  いちばん予想が難しいのが、2列目の3人の組み合わせ。
 攻撃の鍵となるポジションでもあり、日本が誇る能力の高い選手が揃っているところだからね。
 今までの予選実績を踏まえて考えれば、<予想①>だけど、
 今調子が良い香川を中心にと考えれば、元セレッソトリオで連携面でもプラスαが計算できる<予想②>
 ただ、アウェーでピッチ状態も劣悪という条件を考えると、この3人だと守備でのリスクが大きい。。
 ワタシの予想では、①でまずはバランスを重視しながら手堅く始めて、
 試合展開次第で(点が欲しい時)、より攻撃的に②へ移行するって感じかな?
 
  ただ、親善試合とは違って、交代選手の枠は3名だけだから、やはり先発メンバーの選出は重要。
 怪我やアクシデントで、計算外の交代を余儀なくされる場合もあるからね。
 よって、全員が100%のコンデションだとするならば、やはり<予想①>が無難な選択だと思う。
 直前に近隣のドーハで行われるテストマッチ(調整試合)のカナダ戦の内容で、ある程度決まるかもね。
 どちらにせよ、本番当日がどういうメンバーになるか?とっても楽しみだよ(^^)
  
  3月11日(月)
 
  東日本大震災から丸2年が経った今日。
 あらためて、これからのニッポンを考えてみる。
 長く続いたデフレ&景気低迷、民主党政権の失敗、中国の軍事的圧力等々の影響から、
 安部自民党の保守政権が復権。しばらくはまた自民党政治が安定多数を得て君臨するだろうと予想。
 ほぼ死に体となった民主党はいわずもがなで、維新の会やみんなの党も、
 現状では自民党の補完勢力とはなっても、対抗勢力にはなり得ないだろう。
 なぜなら民心は、当てにならない「改革」より、確実な「前進」とその「成果」を待ち望んでいるからだ。
 これは良い悪いの問題ではなく、時代の要請、国民の本音と捉えるべき。
 
  今、風向きは完全に「保守」の時代。大きな失政・スキャンダルでも出て来ない限りね。
 その導入から始まって長年に渡り大きく議席を左右するキーコンテンツであった「消費税」も、
 民主党政権が既に税率をUPしてくれたせいで、自民党は自らの手を汚さずに済んだ(苦笑)
 もうひとつの懸案である「沖縄の基地問題」にしても、今は尖閣諸島問題で薄弱化している。
 また、歴代の自民党がなんやかやと抱えていたブラックなイメージも、野党時代を経て変化してきた。
 小泉進次郎や安部首相などは、金や女の臭いさえしないというか、
 逆に野党以上にクリーンなイメージさえあるからね。そういう意味では頼もしい限りだろう(笑)

  もちろん政権の屋台骨を揺るがしかねない「難問」も山積みしている。
 農業地盤に大きくかかわる「TPP加盟問題」。そして、既に崩壊しかかっている「社会保障問題」だ。
 これらは、遅かれ早かれ、国民を二分するような大問題に発展するだろう。
 そしてその結果が、将来のニッポンの行き先を決めることになるだろうと予想しているよ。
 ただ確かなことは、、
 東日本大震災の復興と同じく、国民が痛みを分かち合い、一丸となって向かわなければ、
 ぜったいに解決しないということだね(^^)
 
  3月 4日(月)
 
  Jリーグも開幕して、いよいよ本格的なサッカーシーズンがやってまいりました!♪
 今月の26日には、W杯出場が決まるかもしれないヨルダン戦もあるし、ワクワクだね(^^)
 もちろん、日本人選手がたくさん活躍している海外欧州リーグも佳境に入っていくわけだけど、
 昨日は嬉しいビッグニュースも飛び込んできたね(^^)
 
  イングランド・プレミアリーグの世界的ビッグクラブ、マンチェスター・ユナイテッドに、
 今シーズンから加入した香川真司が、プレミアリーグでアジア人初となる「ハットトリック」を達成!
 昨年は怪我なんかもあって2ヶ月も離脱、ちょっと難しいシーズンになりそうだったんけど、
 復帰した最近はかなりプレミアリーグの戦い方に慣れてきたというか、調子を上げてきてたので、
 もうそろそろやってくれるんじゃないかな~と、、密かに期待してたんだけどね。
 まさかまさかの3ゴール!それも芸術的ともいえる香川らしい見事なシュートばかり!
 あれで完全にマンUの一員として認められたというか、そのクォリティの高さを世界に証明したと思うね。
 それくらい素晴らしいゴールだった。これからがホント楽しみだよ(^^)
 できたら、今週のチャンピオンズリーグのレアル戦で、もう一度彼のゴールが見たいね!
 そうなったら、、もう伝説だぜ~!!(爆)