4月
  4月29日(金)
 
  熊本地震から2週間経過。
 高速道路や新幹線も全面再開し、水道電気等のライフラインも、ほぼ復旧した模様。
 被害は大きかったけど、その割には復旧作業は順調のようで、なによりだ。
 でもまだソフト・ハード両面で、いろいろと長い目でケアしなきゃいけないことは多いだろうね。
 被災地の方は、焦らずゆっくりと立ち直っていってほしい。応援しています。

  応援といえば、能年ちゃんのブログでUPされた絵が、素敵だったね。
 くまモンとめじろん。大分のめじろんは、能年ちゃんのブログで初めて知ったけど、
 能年ちゃんの人柄がしのばれる暖かい応援メッセージだったね(^^)
        

  今月から始めたサイクルライフも順調♪
 今日は、一か月点検で自転車屋さんまで走ってきた。
 お尻が痛いのも、だいぶん慣れて、それほど苦痛ではなくなってきたね。
 少しづつ距離を伸ばしながら、筋肉や持久力をつけていきたいと思ってる。
 1年後くらいに、「しまなみ海道」を走れたらうれしいな。。(^^)

  4月17日(日)
 
  再び、熊本で地震発生。今度の方がMが大きく、「本震」扱いらしい。
 というか、別々の活断層で発生したので、厳密には別の地震。専門用語では「双子地震」というらしい。
 とにかく、二つの大きな地震が重なったことで、被害が大きくなったようだ。
 死亡者数も41名と、数日前の9名から跳ね上がり、避難民も9万人に。
 余震が多く、その震度も震源が浅かったせいか大きいのも特徴的だ。

  阿蘇山の噴火には、直接影響はないらしいが、活断層が続いている大分には飛び火。
 由布院や別府などでは中規模な地震が発生し、それが四国の屋根を貫く「中央構造線」にも、
 影響しないか懸念されているという状況。
 まぁ、四国の中央構造線は、日本列島成立時にできたような古い断層なので、直接は影響ないだろう。
 もし万が一、中央構造線が崩れるようなら、、日本列島全体が、それこそ「沈没」する危機。
 
  しかし、南阿蘇の惨状は辛いね。。
 オープンカー仲間やわんこ仲間のペンションも近くにあったりして、何度も訪れた場所だけにね。。
 本当に自然の素晴らしいところで、このHPのレポにも、何度となく登場した場所。
 その思い出は、今も脳裏に焼き付いている。
 近辺に住むお友達だった人の安否も気になる。どうか無事であって欲しい。

  4月15日(金)
 
  昨晩、九州熊本で震度7の地震発生。
 ここ愛媛県中予地区でも震度2程度の揺れを感じた。
 Mgは6.2なのでエネルギー的には中規模な地震だが、震源が地下10kmと浅かったために、
 発生中心部では強い揺れを記録したらしい。大きな災害も中心部とその周辺に限られている模様。
 ちなみに、内陸部での地震だったので、津波の発生はなし。
 しばらく余震は続くだろうが、阿蘇山系の火山性地震でなければ、、心配することはないだろう。
 一番怖いのは、阿蘇山の大規模噴火で、その火砕流被害。
 地震学者さんには、その辺の見極めを期待したいね。

  さて、先日に続いて、日本代表サッカーニュース。
 リオ五輪の組み合わせ抽選会の結果が、次のように発表された。

  <グループA>  
 ブラジル(開催国) 南アフリカ(アフリカ3位) イラク(アジア3位) デンマーク(欧州3位)
  
  <グループB>
 日本(アジア1位) スウェーデン(欧州1位) ナイジェリア(アフリカ1位) コロンビア(南米2位)
  
  <グループC> 
 メキシコ(北中米1位) 韓国(アジア2位) フィジー(オセアニア1位) ドイツ(欧州3位)
  
  <グループD>
 アルゼンチン(南米1位) ポルトガル(欧州2位) ホンジュラス(北中米2位) アルジェリア(アフリカ2位)

  日本は、各大陸の1位チームがほとんどという最も難しいグループに入った。
 しかし、この年代の国際経験のためには、最も良いグループに入ったとも言える。
 典型的な北欧タイプの長身チームに、身体能力抜群のブラックアフリカン、そしてサッカー巧者南米の雄
 どの試合も見逃せないワクワクする相手ばかり。ワタシ的には、大歓迎だね(^^)

  ちょっと気が早いが、各グループの決勝トーナメント進出国を予想してみよう。
 といっても、正直この年代の実力というのはわからないので、あくまでA代表の力関係から見てのもの。
 Aーブラジル・デンマーク 
 Bーコロンビア・ナイジェリア
 C−ドイツ・メキシコ
 D−アルゼンチン・ポルトガル

  Aは、開催国のブラジルが、最も抜け出しやすい相手を集めた感じかな?(笑)
 残りの3カ国で2位争いということになるだろう。
 Bは、熱帯気候のマナウスで2試合行われるというのがキーポイント。北欧のスウェーデンは厳しい。
 となると、高温多湿に慣れている残りの3国で2枠を争う形になりそう。日本にもチャンスはあるよ。
 Cは、フィジーを除いた3カ国の争い。メキシコ・ドイツに韓国が追いすがる形か?
 Dは、最も予想しづらいグループ。どこが抜けてきてもおかしくない野心あふれる国が並ぶ。

  日本のグループステージの日程は、次の通り。
  第1戦/8月5日(金)10:00(マナウス)   ナイジェリア
  第2戦/8月8日(月)10:00(マナウス)   コロンビア
  第3戦/8月11日(木)7:00(サルバドール)  スウェーデン

  3戦目のスウェーデン戦の前に、勝ち点3〜4(1勝1敗or1勝1分)を上げれていれば、
 決勝トーナメント進出の確率は、相当高くなる。できれば最後勝って、グループ1位で進出できれば、
 準々決勝で当たるグループAの相手、1位抜けしてくるだろうブラジルと当たらないで済む。
 そうなれば、準決勝進出(ベスト4)→メダル獲得の可能性がぐんと高くなるね(^^)
 と、捕らぬ狸の皮算用も、楽しい楽しい(爆)

  4月13日(水)
 
  2018年ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせ、日程が決定!  
   
グループA  グループB 
  イラン(42位)
   韓国(56位)
   ウズベキスタン(66位)
   中国(81位)
   カタール(83位)
シリア(110位)
オーストラリア(50位)
日本(57位)
サウジアラビア(60位)
アラブ首長国連邦(UAE)(68位)
イラク(105位)
タイ(119位)
  日本の予選日程
 2016年
    9月1日 (H) vs UAE
    9月6日 (A) vs タイ
   10月6日  (H) vs イラク
   10月11日  (A)vsオーストラリア
   11月15日 (H) vs サウジアラビア
 2017年
    3月23日 (A)vs UAE
    3月28日 (H)vs タイ
    6月13日 (A)vs イラク
    8月31日 (H)vs オーストラリア
    9月5日 (A)vs サウジアラビア

  まず、組み合わせだが、個人的には、ベストな組み合わせになったと思う。
 オーストラリア>イラン 対戦成績を見ても相性がよく、異様な雰囲気のイランアウェーを避けられる
 サウジアラビア>ウズベキスタン 相性が良い。ウズベキアウェーの劣悪ピッチを避けられる
 UAE>中国 親日国家と反日国家。アウェーの雰囲気が全く違う。相性も悪くない。
 イラク>カタール イラクのアウェーは中立地。次期開催国&金満国カタールのアウェーは不気味
 タイ>シリア タイは成長したと言っても日本の下位互換に変わりなし。負ける要素はないに等しい

  基本、日本は中東勢に対しては相性がよく、カウンターさえ気を付けておけば負ける気はしない。
 W杯予選で最も怖いのは、アウェーでの不確定要素。それの最も少ないのが、この組み合わせだ。
 実力的には、日本はアジアでは既にひとつ抜けている。怖いのは、アウェーならではの部分だけ。
 そういう意味で、政治的に反日な韓国や中国の東アジア勢、次期開催国としてのメンツがかかるカタール
 を、避けられたのは大きいね。サッカーだけに集中できる気がするよ(^^)

  もちろん、W杯予選に「楽な」試合などひとつもない。勝利が約束されているわけでもない。
 日本が、油断することなく十分な準備して、しっかり戦う姿勢を示せたなら、という条件付きの話だ。
 最終予選のテーマは、まず勝利。確実にW杯出場を達成すること。
 しかし、W杯の舞台で「活躍する」ことを目指せば、勝利だけでは物足りない。
 日本は、ひとつひとつ確実に勝利をものにしながらも、2年後の本番を見据えて、
 若手選手の発掘など、選手の新陳代謝も図りながら、成長していく姿を見せなければならない。
 成長しながら勝つ。これがテーマになる。

  日程的には、最初の2試合がポイント。ここでしっかり連勝して、波に乗ることが大事。
 特に初戦ホームのUAE戦は、アジアカップでPK負けした相手へのリベンジ戦でもある。
 試合内容は、たぶんアジアカップの時や二次予選の初戦シンガポール戦の時と同じ。
 ひたすら引きこもってカウンターを狙ってくるだろう。ほとんどの時間帯日本が圧倒する展開。
 しかし、決めるべきところで決め切れないと、同じ結果=引き分けで終わってしまう可能性もある。
 さらに言えば、UAEの方がカウンターの危険は大きく、あわやの失点もありうるだけに、
 万が一負けてしまうことになれば、ハリル解任もありうる前途多難な船出になるだろう。
 
  まぁ、こういった不安があるからこその「最終予選」
 そのハラハラドキドキを、今年も楽しませてもらうよ(笑)
 
  4月12日(火)
 
  今月から始めた自転車ライフは、筋肉痛&ひざ痛&お尻痛と戦いながら(笑)
 楽しく続いている。筋肉がついて基礎代謝が上がったのか、体重も若干減少♪

  予想外だったのは、お尻の痛み。
 これは、スポーツ自転車特有のものらしく、ベテランでも苦労しているらしい。
 ワタシも、これに慣れない限り、ロングツーリングなんて夢のまた夢だろう。
 今は平均して30分くらいが限度。
 ということで、ネットで対策をいろいろ検索してみた結果は、
 @道具ージェル入りのサドルやサドルカバーを使用する
 A姿勢ー前傾姿勢でサドル・ハンドル・ペダルに均等に体重をかける。
 B乗り方ー時折お尻の位置を変えたり浮かしたり、長時間同じ場所に圧がかからないようにする。
 C体重を減らして、もともとの負荷を減らす。
 D腕や足の筋肉をつけて、ハンドルやペダルに十分体重をかけられるようにし、
  サドルへかかる負荷を減らす。
 Eひたすら乗って、とにかく慣れる。
 
  @ABは、実践中。ジェル入りのサドルカバーで、若干痛みは減ったが、根本解決にはならず。
 前傾姿勢で手のひらにかかる圧力→痛みは、グローブ購入でほぼ解決。
 Bは、これをやらないと30分も無理。5分で痛くなってしまう。
 とにかく、無理しないで楽しく続けることが大事だろうね。
 これからしばらくは、風を受けて走るのも楽しい季節。
 ちょこちょここまめに走って楽しもうと思う(^^)

   4月 3日(日)
 
  一念発起して、クロスバイクを購入!
 仕事を辞めてから、何かと運動不足で、体重は増える一方。
 その解決策として、これからの季節、風を切って走るのも楽しい自転車を。
 元オープンカー乗りとしては、思い付くのが遅すぎたくらいだね。
 購入したのは、これ。ジャイアントというメーカーのATX2.7という2016年モデルのクロスバイク。
 
  クロスバイクといっても、舗装面も普通に走れるという初心者用で、入門モデルらしい。
 タイヤが太いので、体重が重い人にも向いてるということでチョイスした。
 値段も手ごろで5万円ちょっと。後々のメンテも考えて、ネットや量販店ではなく専門店で購入。
 昨日から乗り始めたばかりだが、いい運動になってるよ。
 体力がつけば、ゆくゆくは、ツーリングなんかもしたいね(^^)