1月
  1月28日(土)
 
  義弟が東京から帰郷。昨晩夜行列車に乗って、今朝方松山に到着。
 お疲れのところ申し訳ないが、今夜は、久しぶりに街飲みに出かける予定(笑)
 長らく会話の無い夫婦にも、やっと談笑の日々が戻ってくるか?(^^)

  1月26日(木)
 
  ツイッターを初めて2か月。のんちゃんと「この世界の片隅に」情報が欲しくて始めたんだけど、
 情報の速さはもちろんのこと、ツイートに対する反応も早くて面白いね。

  「この世界の片隅に」は、興行収入も20億円が射程に入って大黒字は確定。いろんな映画賞も順調に
 獲得して、名実ともに大成功。主演声優を務めたのんちゃんも大好評で再評価されたし、万々歳だ。
 
  今月末、義弟が東京から帰ってくることになり、自活できるようになるまで、同居することに。
 いつまで居ることになるのかはわからないが、話し相手飲み相手ができて嬉しいよ(^^)
 
  1月14日(土)
 
  「この世界の片隅に」6回目の鑑賞。
 サンシャイン大洲の封切り日に、行きは高速帰りは内子経由の下道ドライブで行ってきた。
 久しぶりの大洲と内子は楽しかったし、道の駅でのうどん定食も旨かった♪
 映画館巡りで、たまに外出するのも、いい刺激になっていいね。
 少しでも外へ出る習慣をつけたいもの。あったかくなれば、FC今治のトレーニングでも見に行くかな。
 
  大洲の映画館は、予想通りというか、ガラガラ。20〜30人くらいだったかな。まさに過疎地。。
 しかし何回見ても、見飽きないいい映画だね。終盤には分かっていても必ず泣かされるし(笑)
 ワンカットワンカットの密度が濃いし、冗長な場面も一切ない。本当に完成度の高い映画だ。
 封切りが終わる前に、もう何回か見に行こう(^^)

  1月10日(火)
 
  今日は、「この世界の片隅に」を観に、今治へ。5回目の鑑賞。
 7日から上映を始めたイオンシネマだが、当初は100席余りの小箱だったのに、今日から倍増♪
 小さいスクリーンを覚悟してたので、大スクリーンが嬉しいサプライズだった(^^)
 しかし、観客数は20〜30人ほどでガラガラ。平日の午前中だから仕方がないね。やっぱ都会とは違う。
 感想としては、何度見てもいい。強度のある作品というのは、何度見ても色あせない。やはり名作。

  そして、帰ってみたら、キネマ旬報日本映画ベスト10の第1位。そして最優秀監督賞のニュース!
 前評判の良さから、ある程度予想していたとはいえ、やはり嬉しいね(^^)
 アニメ映画のベスト1は、28年前の「となりのトトロ」以来2回目。監督賞は史上初!
 この作品にふさわしい栄誉だね(^^) この勢いで他の映画賞も取りまくって欲しい。
 主演声優を務めたのんちゃんも、MOM級の活躍。今後の活躍のばねに必ずなるだろう♪
 
  1月 2日(月)

  謹賀新年。
 新しい年に楽しみにしていることを書こう。
  (サッカー)
 @ 日本代表がアジア最終予選を無事勝ち抜いて、W杯出場を果たすこと
 A U−17、Uー20のW杯で、良い成績を収めること。まずは決勝トーナメント進出。
 B FC今治が、LFLで2位以内に入って、J3入りを決めること。

  (のんちゃん)
 * 映画・演劇・ドラマ、どんな形でもいいから、その演技を見られること。

  多くは望まない。ただ生きてることを楽しみたい。楽しめたと言える1年にしたいな。