よさこい黒潮ドライブ @



GWの真っ只中、土佐の黒潮町へ
太平洋の遮るもののない水平線と、その黒潮に洗われた豪快な海岸線を
横目に眺めながらの爽快ドライブ♪

7:30  松山道 川内IC 出発
9:00  高知道 須崎東IC 到着
 R56
10:30
  黒潮一番館  黒潮町(旧佐賀町)  
    カツオの塩たたき 
 R56
12:00
  道の駅「ビオスおおがた」 黒潮町(旧大方町) 
       
Open Cafe 道の駅ツーリング→
  
砂浜美術館 Tシャツアート展    
13:00

14:00
  ドッグCafe LOVE DOG MARKET 
     お気に入りCafe→
 R56
15:30

16:00
  鍋焼きラーメン まゆみの店   須崎市
16:00  高知道 須崎東IC 出発
17:30  松山道 川内IC 到着


黒潮一番館
BM仲間のシルバーさんに
情報をもらって立ち寄りました(^^)

カツオ丸ごと一匹を捌いて
藁焼き→タタキに切り分けるまでを
名人から手ほどきしてもらいながら経験できる
本場ならではの体験型施設!

すぐ横にある佐賀漁港
土佐でも、最大のカツオ水揚げ量を誇る港

ここからその日獲れたばかりの
新鮮な日戻りガツオ
もっとも美味しい食べ方とされる
「塩タタキ」で頂けるのです(^^)
館内の大部分は
体験用のオープンキッチン(^^)

この日、この時間は、まだ一組だけでしたが
かなり予約も入っていました。

失礼して、カップルの包丁捌きを激写(笑)
旦那さんは、写真を撮るのに夢中
奥さんは目の前のカツオに苦戦中で
ワタシの声にも気付かないほどでした(爆)
残念ながら
藁焼きの風景を
目にすることは出来ませんでしたが
こんな感じのところです(^^)

藁の火の高温で
一気に表面を焼き上げて
香ばしさを出し
中はレアに仕上げるための
最良の火の通し方ですね(^^)
ハランボや心臓などの内臓も
七輪の炭火焼でいただけます。

カツオの角煮やアラのお吸い物など
捌いたカツオ1本全てを使い切る
漁師直伝の調理法を、ここでマスターできます(^^)
体験しなくて、食事だけをとることもできますよ。
時間のない人でも大丈夫(^^)

オープンテラスで、ワンコも一緒にOK♪
うれしい施設ですね〜!
カツオの塩たたき定食

藁で炙って、氷水につけず
表面が温かいうちに、塩を振って叩いてなじませる。
これが「塩たたき」です。

氷水で締めないから、中からカツオの美味しい脂がじんわりと染み出してくる
そして、脂に臭みがない新鮮なカツオだからこそできる調理法
これが本当のカツオの食べ方です!

加えて、驚いたのが塩の旨さ!
この黒潮町は、「塩の産地」でもあるのです(^^)
海水から、自然の天日と風だけで作っている
完全天日塩  
塩の一粒一粒が立っている
まさに塩の旨みを存分に感じさせてくれる塩です。
こんな旨い塩は初めてでした(^^)

このカツオにあって、この塩!
素晴しい一品でした!
\(^o^)/

こちらは、先ほどの体験カップルが捌いた
皿鉢盛りのカツオ♪

こちらの方が見栄えがするので
撮らせていただきました〜(爆)


ランちゃんにも一切れ♪
お塩とネギがついてるので、水で洗ってからあげました(^^)
それは写真を撮る間もなく、あっというまに完食したので(笑)
こちらは、やらせ写真(爆)

もう一枚、欲しいでしゅ〜(^^)v